名古屋、遊びに行こうよ♪


記事の内容

前へ | 次へ

極楽ひろば(名東区)
2008/06/20 10:50

先回の「きゃら」に続く、なごやつどいの広場、第二弾。 念のためなごやつどいの広場事業について、再度記述します。先回、読んだ方は、読み飛ばしてください。 名古屋市は、主に0歳から3歳までの子供とその親のために、「なごやつどいの広場事業」という子育て支援を行っています。 それは、NPO法人など地域の子育て支援団体が、 ☆子育て中の親子のつどいの場所の提供 ☆子育てに関する相談、援助の実施 ☆地域の子育て関連情報の提供 ☆子育てや子育て支援に関する講習会 などの活動を行う場所となり、名古屋市はそこに事業経費の一部を補助するというかたちで支援しています。市内に17箇所あります。
画像
画像 こちらの「極楽ひろば」は、NPO法人介護サービスさくらとして、いままで活動されてきました。 行ってみると、猪高緑地に程近い、閑静な住宅街のど真ん中。 看板がなければ分からない、普通の一軒家です。 1階はデイケアなどで、訪れるお年寄りが機織をしたりして過ごされています。 つどいの広場として、開放されているのは、その2階。 二世帯住宅として建てられた家は、バリアフリーで、 2階にもキッチン、バス等すべてそろった広めの普通のお宅。 お友達の家に遊びに来たようです。
画像
画像 4月に登録されて、5月末からやっと本格的な活動が始まったばかりなのよ、と笑うスタッフの方は、とっても初々しい感じです。 1階のお年寄りには、ここの主催者の方が毎日、お庭でとれた新鮮な野菜を使った昼食をだされているそうで、お願いすれば2階を訪れた親子連れにも同じものを用意してくれるそうです。(親子で500円) とはいっても、なんだかとっても忙しそうな方なので、ほんとに頼んでいいのかしら。 訪問する前に、電話で尋ねてもらったほうが嬉しいわ、という感じだったので、前の日にでも電話で 確認して、余裕がありそうだったら作ってもらうっていうかんじがよさそう。 お弁当の持ち込みは、もちろんOKなので、お昼をまたぐ場合は、持参で行く方法もあります。 おやつは、200円払えば、冷蔵庫にあるもの自由に食べ てくださいってことだったので、必要とあれば そちらを利用することも可能です。 「なごやつどいの広場」は、やり方は、運営者に自由に委ねられているそうです。 ここは、まだ始まったばかり。おもちゃも少なめ。 いろいろ必要なものをそろえながら、これから、きっとここらしいやり方を探っていかれるんでしょうね。 名古屋市名東区極楽3-166 ※市バス「極楽東」から徒歩5分 TEL 052−701−0409 開催日   月曜日〜金曜日 開催時間  10:00〜16:00          (この時間内は出入り自由) 対象    乳幼児とその保護者 利用料   初回無料       2回目以降は入会金1000円       年会費 1000円(3月まで) 食事    昼食  500円       おやつ 200円        (ジュース、コーヒー、菓子)  駐車場がないので、公共交通機関もしくは、自転車での訪問をお願いします とのことでした。 

カテゴリ:屋内の遊び場

前へ | 次へ

コメントを見る(0)
コメントを書く
トラックバック(0)
BlogTOP
このユーザーのホーム

ログイン

i-mobile


Powered by FC2 Blog