スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知牧場(日進市)

軽い気持ちで愛知牧場に行ったら、ちょうどコスモスが満開でした。

コスモス1

コスモス2

普通のコスモスは背が高くなるので、少しの風で倒れたりしがちですが、ここのコスモスは低めで
安定感があっていいですね。
ただ・・・
ここは一応「コスモス迷路」となっているので、背の低いコスモスが迷路向きかはやや疑問ですが・・

他のエリアは・・・
少し来ない間にまたまた動物コーナーのレイアウトが変わり、孔雀が増えてました。
変化が激しいね、このコーナーは・・・。
私は、孔雀のあの羽根の色が大の苦手なので、遠くで見てました・・。

コスモス畑の裏側から東名の東郷パーキングエリアに入れます。
愛知牧場には食事らしいものが少ないので、こちらで食事してもいいかと思います。

今日は天気が良かったので、コスモス目当てのお客さんやら、乗馬の練習する方やら平日とは思えない混雑ぶりでした。
土日はどんなことになるんでしょう。

でも、秋に1回はコスモス見たいですよね。いかがですか?


以前書いた記事はこちら


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット(港区)

ワイルドフラワーの里
春になると一回は、ここのワイルドフラワーの丘からテレビ中継があって(ズームインとかで見るような気がしませんか?)、一度来てみたかったんだけど、知り合いが、「あそこ、そんなに広くないよ。」なんていうもんだから先延ばしにしていました。

今回、近くまで来る用事があったので、立ち寄ってみることにしました。

私は、イングリッシュガーデン風な花や庭が好きなので、入口からして好みにぴったり。
            入口  期待がもてそう

中は、22のテーマで考えられた小さな庭を組み合わせて造られています。

受付ともいえるセンターハウスを抜けると、最初に目に入るのが、このちょっと低めになったお庭、
「サンクンガーデン」
                          サンクンガーデン
そのまま、進むと目の前に広がるのが、小さな川を中心に、水辺の花や牧草地風な場所などをくみあわせて造られた開放感のある、自然な風景。
この辺りはもう、お庭という感覚を超えてます。

    庭園中心部の風景1           庭園中心部の風景2


中心部だけじゃなく、その周辺にも様々な雰囲気のお庭が造られています。

ウォールドガーデンという壁面を利用した花壇。
  
         ウォールドガーデン

これは、何がテーマかよく分からないけど、題はクール・ブリタニア
クール・ブリタニア

橋付近・・。橋付近
 

などという風に、いろいろありました。

確かによく知られた「ワイルドフラワーの里」は、思っていたほど広くないけど、その他の部分もきれいだったので大満足です。

写真アップした場所以外にも見所はたくさんあるので、この秋、ちょっとフラっと立ち寄ってみるといいかもしれません。(9/19~11/23まで、オータムガーデンフェスティバル開催中)

春はまた、咲く花の色合いも明るいので、全く違う庭になっているのかもしれませんね。興味でてきた~

そうそう、海沿いなので、海もきれいでしたよ。
サニーハウスから臨む名古屋港水族館方面



今回行ってみて、そんなに遠くないし、水上バスに乗らなくても普通に現地まで行けるってことが分かった(勝手に水上バスに乗らなきゃ行けないと思い込んでいた)から、次はもっと気楽に行けそうです。

挑戦してみよっと。


名古屋市港区潮見町42番地
TEL 052-613-1187

開園時間
3/1~11/30・・9:30~17:00
12/1~12/25・・9:30~16:00

休園日
毎週 月曜日
海の日(7月の第3月曜日)
12/24・冬季(12/26~2/末)

入園料
大人  300円
65歳以上 200円
小中学生 150円
6歳未満 無料 

園内では飲食禁止となっているので、お弁当とかは食べられません。
レストランが一つありましたから、食べるなら、そちらを利用してくださいってことかな。


ところで・・・
けっこう、大人なコスプレイヤーたちが、あちこちで写真を撮っていて、ちょっと驚きました。
メイド服とか、ガンダム風服とか着てて・・。こういう所、興味あるんだ~、とかちょっとミスマッチな気が・・とか。
最初のワイルドフラワーのさとの写真にも、よく見るとメイド服の女の子達が写っているんですよ。

見ていいのか、見てはいけないものなのか・・悩んじゃいました。
これって気を使いすぎなのかなあ・・。

ガーデンミュージアム 花遊庭(豊田市)

豊田ガーデンというエクステリアや庭を扱う会社によって、1300坪の庭園を舞台として、ガーデニングの楽しさを体感してもらおうと造られ、公開されている場所です。 25のテーマ(ex.現代感覚の和庭・イングリッシュホワイトガーデン・コテージガーデンなど)で考えられた小さなコーナーが組み合わされて1つの庭園となっています。 ガーデニングの楽しさ、体感しましたとも! 花いっぱいのお庭は、夢いっぱい! 昔々、少女の頃、赤毛のアンの世界にたいそう憧れましたけど、そんな世界をちょっと感じました。 こんな庭があったらなあ~。 うちの庭じゃ狭すぎるし、それに不精者の私じゃ お世話できないだろうなあ・・。などと、いろいろな思いを交錯させつつ、楽しんできました。 同じ場所でも角度を変えて見ると、また違った良さがあったりして、ついついたくさんの写真を撮ったのですが、実際に行って見たほうが感激すると思うので、ほんの一部だけご紹介します。
コンテナーズガーデン
コテージガーデン
切花畑ガーデン方向 ここにはチャペルがあり、この日もハウスウェディングが行われていました。 私たちの頃には、ハウスウェディングなんてなかったもの。これから結婚式するんだったら、絶対こんな結婚式するのになあ・・。 ただ、私たちの場合、びっくりするくらいのどしゃぶりの日だったから、せっかくのお庭も魅力半減ね。 それにしても・・・ 久しぶりに見た結婚式。 幸せそうな2人。 平和で希望に満ちてて、いいですよね~。 私たちも勝手に少しおすそ分けしてもらっちゃいました。
結婚式 結婚式のない日は、ゲストハウスでランチもいただけるようです。 他にお庭を眺めながら、テラスでケーキセットをいただくこともできます。 ローズガーデンは、今が一番の見ごろだとか。 入園料が必要だから、花に興味のない人にはお勧めできないけど、お花が大好きっていう方は一度立ち寄ってみてはいかがでしょうか。 豊田市大林町1-4-1 TEL 0565-24-7600 営業時間 3~12月 9:00~18:00(無休)      1~2月 10:00~17:00(火曜定休) 入庭料  4・5・6・10月  ひとり 400円      上記以外     ひとり 300円      小学生以下は無料 ちなみに・・ 下の子は、まだギプス装着中。 ベビーカーで移動したのですが、コースの三分の一程は飛び石道だったり、階段だったり。 その度に抱っこしたり、ベビーカーに座らせたり、楽な道ではありませんでした。 ベビーカーは使わない方が楽かもしれないなぁ。

王子製紙 春日井工場 バラ園(春日井市)


王子製紙王子製紙という会社の工場敷地内によく手入れされたバラ園があると聞いていってきました。
入り口 5月10日~15日くらいが見頃だったとかで、盛りは少し過ぎておりましたが、品種によっては、今が見頃の物もあり、それなりに楽しんでこれました。
バラ1
バラ2
バラ3 園内はゴミ一つないほど、きれいにされており、かなりの品種のバラが植えられています。 ここは、選定して切り取ったバラを持ち帰らせてくれるので、みんな美しい花を家に持ち帰り、挿し木して 庭に咲かそうと夢膨らませ、選定したバラ置き場を物色しています。せっかく きれいにしてある園内、 散らかさないよう、そ~っと、そ~っと。
バラ置き場 選定された花といっても、枯れているわけではなく、満開を少し過ぎた花ですから、ウチの娘は大喜びで集めて、ブーケにしたり、髪に飾ったりして楽しんでおりました。 さくらの季節には桜並木も公開しているようです。
桜並木 来年は、盛りの時期に見に行きたいな。

続きを読む

ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。