スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シダックス 堀田 キッズルーム (瑞穂区)

以前、シダックスの長久手と鳴海のキッズルームについて書いたら、他の店舗のキッズルームも気になって仕方がなくなってしまいました。それを察したのか、友人のHちゃんが、堀田店に家族で行った時の写真を提供してくれました。
堀田店 キッズルーム 堀田店のキッズルームは、靴を脱いで上がるけど、8人掛けのソファーがある普通の部屋。 おもちゃはあるけど遊ぶスペースはないそうです。 ちなみに南区の南陽通り店のキッズルームはすべり台なんかあって広かったそうです。 どうやら、シダックスのホームページの「大きなキッズルーム」というのは、滑り台などのある遊び場つきで、 ただの「キッズルーム」というのは、おもちゃだけの部屋ということになりそうです。 ところで・・・ 知りませんでしたが会員に登録すると、誕生日が近い人にケーキとシャンメリ-のサービスがあり、写真も撮ってもらえるんですね。写真は台紙にはってもらえるそうです。080519_0006~0001.jpg カラオケ店シダックスの使い道、広がりそうですね。
スポンサーサイト

愛知池(東郷町)

遊具は何もありませんが、気持ちいいので、時々行きます。 愛知池の周囲は1周約7.2kmのウォーキングコースになっています。
愛知池からの景色正門から近いスタート地点は高台になっていて、 東郷町を一望できます。 眼下には、青い草の斜面、その向こうには 春には青々とした稲の、秋には黄金色の稲穂のじゅうたんが広がります。 田んぼの上を渡ってくる風は、とても気持ちよくて この間は、息子と二人、しばらく景色を見ながら風に吹かれておりました。(変?) コースは途中、大きな観音様やら桜並木、隣接する会社のつつじなど、花や景色などけっこう楽しめます。 あと、車が一切通らないから安心して歩けますね。 朝や夕方は、歩いたり、自転車に乗ったり、 たくさんの人が利用しているようです。
レガッタ大会この日は、ちょうどシニアレガッタ大会が開催されていて、たくさんのボートが水面を滑るように進んでいます。 ここで全国大会なども開かれるんですね。 6人乗りくらいだと、かなり早くて驚きました。 レガッタといえば、その昔、「愛という名のもとに」というドラマ(確か唐沢敏明や江口洋介がでていた)がやってましたが、ここに来ている皆さんもあんな青春を送られたんでしょうか。 スタート地点から少し進んだ、池の南側辺りを最近 少し開発していて、久しぶりに行ったら「百年の森公園」の石碑が建てられていました。
100年の森公園入口 遊具か芝生広場があるのかな、と思って行ってみたら・・・ 何もありませんでした。
100年の森公園 娘、曰く「百年かかって造る公園なんだよ。しょうがないね」 なるほど・・。そう思えば、がっかりしません。 100年後、どんな公園になっているんでしょうか。

カフェ&ごはん くらくら(尾張旭市)

ママ達のニーズに、こんなに答えてくれてるお店 初めてです。(という程たくさんのお店を知ってるわけではありませんが。) 雨が降っていて、外観からの写真がよくないのですが、ないより伝わるかなと思ってアップしてみました。
お店外観 お店は、2階建てで、1階は普通のテーブル席と 堀ゴタツ式のテーブルの2種類。堀ゴタツ式の方は、隣とはカーテンのようなもので仕切られています。 カップルや、友達同士と見られる方の利用が多そうでした。 そして2階席・・。 4人の座敷個室が5部屋。 うち3つは、仕切りの壁を外せるので、人数に応じて 広げてもらえるようです。
個室1乳児メニューキッズ向けのメニューがあり、ミルク、離乳食などの乳幼児向けのものも置いてあり、ちゃんとメニューに写真つきで載っています。 もう少し大きくなった子供向けには、ミニサイズのカレーやうどん、からあげ、ハンバーグなどが単品で選べます。
キッズメニュー 注文も、子供分だけ先に頼んでも一向に構わないです よ、とういう旨のことが、きちんと書いてありました。 お水は、子供分だけ氷なしのストロー付き。 トイレには、便座の前にハイローチェアが置いてあります。
子供用セット料理を注文すると、子供向けセットとでもいうのでしょうか、食事をすると子供が必要になりそうなものが 全部セットにして貸してもらえます。 中身は、子供用皿、スプーン、フォーク、エプロン、 ティッシュ、ウェットティッシュ、おてふきなど。 これは、助かります。 イスもなかなかかわいいんですよ。
子供用イス 特に時間制限などもないようです。 大人向けのメニューは、定食やハンバークセット、丼物とファミレスのメニューにありそうなもの。 値段もファミレスと同じくらいだし、 味も普通においしいし、なんといってもこんなに受け入れ態勢整えてくれて、 ありがと~っ!って気分でお料理をいただいて帰ってきました。 1ヵ月以内に、もう一度行くと、VIPカードというものがもらえて、3ヶ月間30%offになるんですって。 また、行っちゃおっかな~。

続きを読む

小幡緑地 東園(尾張旭市)


東園マップ小幡緑地は本園、東園、西園の3ヵ所に分かれて、別々の場所にあります。 先回、本園に行ったので、今回は東園に行ってみました。 私は、東側の入り口から入った駐車場に車を停めたのですが、芝生広場や児童公園までは、少し暗くてさびしい東名高速の高架下を抜けて、しばらく歩くことになるので、野球場近くの西側の駐車場に停めたほうが、芝生広場や児童公園には近くて便利だと思います。 ちなみに、マップを見ると、東側にも児童コーナーが ありますが、遊具もなく、荒れ果てていて、とても遊べる感じではありません。
東側児童コーナー 公園中央に位置する「林の池」は蓮の葉に覆われていて、ちょうど白い花が咲き始めていました。 これから、たくさん咲くことでしょう。 ウシガエルの鳴き声が響き渡って、ここだけは別世界のようでした。
林の池 芝生広場は広くて、見通しがよく、芝の手入れも比較的よくされていて、気持ちいいです。 大きな木も周囲にあり、空にまっすぐ伸びている様子は美しいなと感じさせます。枝の張った木もあるので、日陰も多少あります。
芝生広場 芝生広場と野球場の間にある休憩所には、無料貸出し遊具(竹馬やボール)が置いてありました。
貸出遊具
児童公園1 児童公園の遊具は幼児向けといえるかな。 なだらかな斜面になっていて、歩き始めたばかりのうちの子は、勢いがつくと そのまま斜面下の道路に突入する勢い。 公園の前の道は狭いのですが、その割りによく車が通ります。 公園と道路の境は、時々切れ目があり、出て行ってしまわないよう注意が必要です。
児童公園2 開放感のある芝生広場が魅力の公園だと思います。 今回は展望台まで行けませんでしたが、もっと人がいる時(あまりに人が少なくて、暗い林の中を通るのが怖くてやめました。)行ってみたいと思います。

続きを読む

王子製紙 春日井工場 バラ園(春日井市)


王子製紙王子製紙という会社の工場敷地内によく手入れされたバラ園があると聞いていってきました。
入り口 5月10日~15日くらいが見頃だったとかで、盛りは少し過ぎておりましたが、品種によっては、今が見頃の物もあり、それなりに楽しんでこれました。
バラ1
バラ2
バラ3 園内はゴミ一つないほど、きれいにされており、かなりの品種のバラが植えられています。 ここは、選定して切り取ったバラを持ち帰らせてくれるので、みんな美しい花を家に持ち帰り、挿し木して 庭に咲かそうと夢膨らませ、選定したバラ置き場を物色しています。せっかく きれいにしてある園内、 散らかさないよう、そ~っと、そ~っと。
バラ置き場 選定された花といっても、枯れているわけではなく、満開を少し過ぎた花ですから、ウチの娘は大喜びで集めて、ブーケにしたり、髪に飾ったりして楽しんでおりました。 さくらの季節には桜並木も公開しているようです。
桜並木 来年は、盛りの時期に見に行きたいな。

続きを読む

ヤマナカ 極楽フランテ(名東区)


ちびっこ広場ショッピングセンターでは、よくありますが、 普通のスーパーサイズのお店で、ちびっ子広場があるのは珍しかったので写真に撮ってみました。 広さは10畳くらいかな。 周りに貼ってある折り紙ギャラリーが上手で、教えて欲しなあ~って思いました。
まるちゃんと友蔵 お近くにお住まいの方は、ご利用ください。 って、近くの人はもう知ってるかな。

続きを読む

豊田地域文化広場 室内温水プール(豊田市)


室内プール豊田スタジアムの室内プールに行ったら、 あの天井崩落事故以来、ずっと休止されてるとのことで入れませんでした。 で、急遽、こちらのプールに行くことにしました。 下の子は、室内の遊び場で遊んでられるということもあって。 手前に写っているのが、幼児プール。 大きめなのが意外なかんじ。 0.5~0.7mの深さで3コース分くらいあります。 ちなみにオムツのとれていない子供の利用は禁止です。 一般用プールは3分の1くらいのところでしっかりと分けられていて、一方は歩行ゾーン。もう一方は、遊泳ゾーンで25mが4コースです。 更衣室は狭めですがシャワー室も個室で、まあ清潔なかんじ。 小学校就学前までは、大人のつきそいが必要とのことですが、逆に言えば 小学校に入ったら、子供だけではいってもいいんですね。 真面目に泳いだり、健康のために歩いたりするプールです。

続きを読む

小幡緑地 本園(守山区)


本園マップひとくちに「小幡緑地」といっても、本園、西園、東園の三つに分かれていて、その場所も少しずつ離れています。 今回は本園のほうに行きました。 奥には大小4つの池があり、その周囲は森といってもよいほどの自然が広がっています。
芝生広場子供たちが遊べそうなのは、入り口付近の芝生広場と児童公園。
大型遊具
児童公園遊具 そして、ここの特徴ともいえる「ほたるの里」
ホタルの里 敷地内を白沢川という小川が流れていて、そこで地元の方々がホタルを呼び戻そうと放流を始めたそうです。その成果が実って、近年、ホタルが戻ってきたそうです。
白沢川 毎年、5月下旬から6月にかけて、日没から1時間ほど、あるいは、9時ごろ、2時ごろよくホタルが飛び交うそうです。 5月下旬といえば、もう間もなくですね。 是非、見に行きたいですね。
白沢川へ降りる階段 以前、私が見に行った場所のホタルは確か、平家ボタル。ここのは、ゲンジボタルだから、比較的稀少じゃないかしら。 ホタルの観賞って、懐中電灯とかあまりつけちゃいけないから、大抵暗い所を歩くことになりますよね。 ホタルの幻想的な光に見とれて、みんなそちらばっかり見てるし、気分も浮ついてるから、大概1人くらい池や川に落ちる子(ときには人)がいます。たいてい男の子なんだけど・・。 興味のある方、けがのないように気をつけて行ってきてください・・。

続きを読む

親子カフェ にこ(緑区)


お店外観下の子が1才になったら、絶対行こうと決めていたお店です。 今回は、高校時代の友人とその子供たちにつきあってもらいました。 このお店の最大の特徴は、保育士さんのいる広めのキッズスペースがあること。といっても、託児ではなく、保育士さんは、あくまでの子供たちの遊びのサポート役です。
キッズスペース システムとしては・・ まず、入り口で靴を脱ぎ、「通せんぼ」のゲートを開けて、お店に入ります。この時からキッズチャージがかかり始めます。値段は1時間210円、以降15分90円。 ランチタイムは最大、90分までなので、キッズチャージも最大390円となります。 お店には、ハイローチェアが3台、子供用テーブルチェアが15台あり、子供の月齢に合わせてセットしてくれます。 キッズスペースは、6ヶ月以上1才未満の子は保護者同伴で、1才以上の子は自由に利用することができます。 お水は、セルフサービス。メニューはテーブルにあるので、料理が決まったら、やはりテーブルに置いてある伝票に自分で記入し、店員さんに渡して、注文完了。あとは料理を待つだけです。
カレードリア 店内には授乳室、おしりふきまであるオムツ替えベッド、子供用トイレ、授乳ケープなど子供向けのものはほとんどそろっています。 料理のメニューも4ヶ月からの離乳食、子供用おにぎり、子供用メニュー(カレーなど3種くらい)など充実しています。 (手作りの離乳食、アレルギー対応食などは持ち込み可能とのこと。) この日は、開店と同時に満席。 お店の中はすぐに、こどもの歓声とママのおしゃべりの声でいっぱいになりました。 かき消されないように、元気な声で話さなきゃ! 力が入ります。 さて、その間うちの息子は・・ 入店と同時にとっととキッズスペースにいき、楽しそうに遊んでました。 いやあ~、楽チン楽チンといい気になっておりましたが、そう甘くはなかった。蓮 あの自由人、しばらくすると店内をプラプラ散策し始め、赤ちゃんたちをつついて起こしたり、授乳室をのぞいたりおりました。 みなさん、ほんとにほんとに、ごめんなさいっ嶺 保育士さんがいても、放しっぱなしはダメなようです・・。 そもそも、このお店は学生時代の友人がクリスマスリースの講習会に誘ってくれて知りました。 ランチタイムとディナータイムの間の時間や朝早い時間を使って料理や音楽、英語その他いろいろ、講習会が開かれているんですよ。 子供がいて何もできないと思ってしまってるとき、こういうお店があると知ると、なんだか夢が広がりますよね。興味のある方は、お店のホームページを覗いてみてくださいね。→こちら

続きを読む

イオン大高 ショッピングセンター(緑区)

東海地方最大級といわれ、JUSCOと190の専門店街で構成されたショッピングセンターが3月25日にオープンしました。 オープン当初からの賑わいは今も続いていて、先週末も23号線出口辺りから渋滞しておりました。
ちびっこ広場
わいわいパークそのちびっこ広場&わいわいぱーくは、他のJUSCOと似ておりましたが、まだまだ新しく、変身コーナーのドレスはピカピカ、広さを生かしてプラレールコーナーもあったりして、ちょっと楽しくなっています。
プラレールコーナー 普段、ゆっくり買い物できないママたちはきっと、子供をお父さんにこの場で託し、心置きなく買い物しているのでしょう。圧倒的にパパの姿が多く見られました。子守役のパパ達、頑張ってね!

続きを読む

ブログ内検索
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。