スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛・地球博記念公園内 愛知国際児童年記念館(長久手町)


入り口付近よく前を通るけれど、中を覗いたこともあったけれど、この建物の正式名称が「愛知国際児童年記念館」とは知りませんでした・・。 国際児童年といえば、その昔、当時は青少年公園と呼ばれたこの公園で、いろいろな国からやってきた子供達が歌やダンスを披露していたのを強烈に覚えています。私が初めて、外国を身近に感じた体験だったから。 あれは、1979年。今から29年も前の話だそうな。 えらく感化された私は、国際児童年のイメージソングであるゴダイゴの「Beatiful name」のレコードを買ってもらって、嬉しかったもんです。 そういえば、あれ、どこ行っちゃたんだろ・・。 そんなことを思い出しながら見てみれば、「おもちゃ広場」と呼ばれるこの部屋の周りに飾ってある各国の子供のお人形。これは、あのイベントの際、展示されたものなのでしょう。(お人形の下の引き出しには、ブロックがたくさん入っています。)
おもちゃ広場
おもちゃ広場の昔の遊び道具 そして、3年前開かれた「愛・地球博」 その際、活躍したロボット達も今はここに展示されています。
ロボット1
ロボット2 国際児童年後、10周年を記念して造られたという童話館。いろいろな外国の童話の場面をミュージカル風に仕立ててあります。 中は、こんな感じ。
3匹のこぶた
ガリバー
ガラスの靴 ディズニーランドデビュー前なら、そこそこ楽しめるかな。 VTR室も同じ時期につくられたのでしょうか。 けっこうたくさんのブースがあります。
VTR室
VTR室
貸出ビデオ一覧 貸し出してくれるビデオは懐かしのアニメ(アタックナンバー1、日本昔ばなし、サリーちゃん、秘密のアッコちゃん、キャプテン翼などなど)から新しいジブリ作品までいろいろありました。 こちらは30分100円。 利用者はほどんどいませんでした。 今はどの家庭にもビデオやDVDのデッキがある時代ですから・・。 いっそ、無料かもっと破格に安い料金だったら、みんな利用するような気がしますが、どうでしょうか。 ところで・・・ 七夕が近いということで、短冊が用意されており、「自由に願い事を書いてください。」というコーナーがありました。 短冊に願い事・・なんて、何十年ぶりでしょう。 「3kgやせますように・・。」 「どれだけ食べても太らない体をください」 「住宅ローンが早くおわりますように・・。」 などなど、私が願い事をもんもんと考えているその横で、娘が真面目な面持ちで 「幼稚園の先生になれますように・・」と丁寧に書いていました・・。 私は、少し恥ずかしくなって、心を入れ替え 「家族みんなが健康に過ごせますように・・」 と書いて、笹につるしてきました。
笹 愛知郡長久手町大字熊張(愛・地球博公園内)  TEL 0561-62-2111 財団法人 愛知公園協会 愛知国際児童年記念館 毎週日曜日には、ワークショップが開催されており、 7月は凧作り&凧あげ、おりがみ教室、竹とんぼづくり、バナナの紙すきなどが予定されています。
スポンサーサイト

春日井SATY きぽっと(春日井市)

ショッピングセンターによくある有料の遊び場。 いままで行った中で 一番広いのが ここ春日井SATYのアミューズメントパークの中にある 「きぽっと」。 中はこんな感じ。
入り口付近
0才児コーナー
大型遊具
裏側から 料金は・・・ 会員に登録する(登録料無料)と、 平日    60分 500円    土日祝日  30分 500円 会員でない場合     平日・土日祝日とも  30分 500円 毎日いろいろなイベントが行われていて、 7月の場合、夏休み(7/21~)までは、水曜と金曜は会員はフリータイムだから、時間を気にせず遊べます。 他にはシールやマスコットをプレゼントしてもらえる曜日もあるようです。 広場の周りは親用のベンチになっていて、マンガも置いてある(好みのものはなかった・・。)ので、 ゆったりくつろぎながら見てればいいというわけ。 お買い物したい時、暑い日、雨の日など行き場がない時、利用したいです。 春日井市柏井町4-17   春日井SATY4F ダイナレックス   10:00~18:00(受付17:30まで) ※7月1日のみ12:00~18:00となります。    

とよた子育て総合支援センター「あいあい」(豊田市)


案内図 とよた子育て総合支援センターは、広いプレールームの他、情報コーナー・工作室・多目的ホール・サークル活動室などがあります。 プレールームはすくすく(0~2才限定)とわくわくに分かれていて、たくさんの大型遊具があります。 すくすくはこんな感じ。
すくすく
すくすく2 わくわくはこんな感じ。
わくわく1
わくわく2
わくわく3 工作室では1人1日1作品製作できるようです。
工作室
工作室の作品紹介 情報コーナーには、たくさんの育児情報のパンフレットが置かれています。 その近くにはテーブルやいすがあり、飲食もできるようです。 サークル活動室もきれいです。
サークル活動室 ここは、豊田マツザカヤの9階。お買い物にもってこいの場所です。 土日も開放されているから、パパに子供を託して 買い物できる!そして、もうじき夏物バーゲンの季節♪パパ、頼みますよ~。 それにしても・・・。 ここ豊田市近辺では、いろんな国の方を見かけることが多いのですが、ここもそうでした。 「遊び場」の表示も日本語の下にポルトガル語(?)で書かれているのは、ちょっと驚き。 どこの国の方でも育児の悩みはきっとたくさんあるでしょう。異国の地で育てるならなおさら。 ここが、そんなお母さん達の憩いの場になるといいなって心から思いました。  豊田市若宮町1-57-1     A館T-FACE9階(松坂屋上階) TEL 0565-37-7071 開館時間 火曜日・年末年始を除く午前10時~午後6時

春日井市児童交通遊園(春日井市)

春日井に出かける用事があったついでに、寄ってみました。
こうちゃん入り口には、この公園のイメージキャラクター(?) 「こうちゃん」がお出迎え。 ちょっと怖いから、見ないふり見ないふり。 まずは、児童館部分で遊びます。
館内案内図 中は、なかなか広め。
3才未満の子のお部屋
3才以上の子のお部屋 3才未満の子供と3才以上の子供の部屋が分けてあるのが嬉しいです。 食事スペースがあるから、長居することになっても安心。 小さい子向けのお部屋には、おもちゃもたくさん。
ロディ 手作りと思われるおもちゃもたくさん置いてあって、暖かい感じです。
手作りままごとセット
手作りエプロン 続いて、交通公園部分
交通公園部分地図
蒸気機関車
電車 交通公園部分には、SLや消防車、電車が置いてあって乗り物好きにはたまりません。中にも入れるから、 子供達も喜ぶでしょうね。       第2・第4土曜日、日祝日には、 午後1時30分から(午後1時より整理券配布)ゴーカートの運転もできます。(天候により中止することもあり)なんと無料。
公園部分隣には、滑り台やブランコのある公園もあって、 いろいろ遊べる公園です。 ところ 春日井市弥生町2-70 開館時間 午前9時~午後6時(一部午後4時30分終了) 休館日 月曜日(祝休日の場合はその翌日)年末年始(12月29日~1月3日) 利用対象 18歳未満の児童とその保護者(乳幼児は保護者同伴) 利用方法 開館時間は自由に利用 利用は無料 電話・FAX 0568-81-1301

極楽ひろば(名東区)

先回の「きゃら」に続く、なごやつどいの広場、第二弾。 念のためなごやつどいの広場事業について、再度記述します。先回、読んだ方は、読み飛ばしてください。 名古屋市は、主に0歳から3歳までの子供とその親のために、「なごやつどいの広場事業」という子育て支援を行っています。 それは、NPO法人など地域の子育て支援団体が、 ☆子育て中の親子のつどいの場所の提供 ☆子育てに関する相談、援助の実施 ☆地域の子育て関連情報の提供 ☆子育てや子育て支援に関する講習会 などの活動を行う場所となり、名古屋市はそこに事業経費の一部を補助するというかたちで支援しています。市内に17箇所あります。
看板
外観 こちらの「極楽ひろば」は、NPO法人介護サービスさくらとして、いままで活動されてきました。 行ってみると、猪高緑地に程近い、閑静な住宅街のど真ん中。 看板がなければ分からない、普通の一軒家です。 1階はデイケアなどで、訪れるお年寄りが機織をしたりして過ごされています。 つどいの広場として、開放されているのは、その2階。 二世帯住宅として建てられた家は、バリアフリーで、 2階にもキッチン、バス等すべてそろった広めの普通のお宅。 お友達の家に遊びに来たようです。
リビング
リビングから 4月に登録されて、5月末からやっと本格的な活動が始まったばかりなのよ、と笑うスタッフの方は、とっても初々しい感じです。 1階のお年寄りには、ここの主催者の方が毎日、お庭でとれた新鮮な野菜を使った昼食をだされているそうで、お願いすれば2階を訪れた親子連れにも同じものを用意してくれるそうです。(親子で500円) とはいっても、なんだかとっても忙しそうな方なので、ほんとに頼んでいいのかしら。 訪問する前に、電話で尋ねてもらったほうが嬉しいわ、という感じだったので、前の日にでも電話で 確認して、余裕がありそうだったら作ってもらうっていうかんじがよさそう。 お弁当の持ち込みは、もちろんOKなので、お昼をまたぐ場合は、持参で行く方法もあります。 おやつは、200円払えば、冷蔵庫にあるもの自由に食べ てくださいってことだったので、必要とあれば そちらを利用することも可能です。 「なごやつどいの広場」は、やり方は、運営者に自由に委ねられているそうです。 ここは、まだ始まったばかり。おもちゃも少なめ。 いろいろ必要なものをそろえながら、これから、きっとここらしいやり方を探っていかれるんでしょうね。 名古屋市名東区極楽3-166 ※市バス「極楽東」から徒歩5分 TEL 052-701-0409 開催日   月曜日~金曜日 開催時間  10:00~16:00          (この時間内は出入り自由) 対象    乳幼児とその保護者 利用料   初回無料       2回目以降は入会金1000円       年会費 1000円(3月まで) 食事    昼食  500円       おやつ 200円        (ジュース、コーヒー、菓子)  駐車場がないので、公共交通機関もしくは、自転車での訪問をお願いします とのことでした。 

南知多ビーチランド・南知多おもちゃ王国(知多郡)

天気予報は、「予想最高気温は30℃」と言ってる休日。 娘が朝から「たまには、遠い所に連れてってよ」とほざいています。下の子も元気ありあまってる様子。 どっかいかなきゃ、2人の元気が爆発しそうです。 どこ行こう。 暑くなくて、親が楽な所・・・。
エンントランス&海洋館ってことで、南知多ビーチランドに行ってきました。 ここなら、水族館は中だろうし、おもちゃ王国だって 室内だし♪・・・って思って入ったら・・ あれっ?エントランスの海洋館を抜けたら、ペンギンもウミガメも外なのね・・。
ペンギン
ウミガメ でも、水がいっぱいで涼しげ~。 それに、生き物との距離が近くて楽し~い。 手を伸ばしたら、さわれそう。 小さな子向けに、浅い水遊び場もあります。
床にある水槽
宝箱の中には・・ 暑くなったら、海洋館に戻って、一息。 「沈没船に住み着くいろいろな海の生物達」ってかんじで造られてて、意外なところに水槽があって面白いね。 続いて、橋を渡っておもちゃ王国。
おもちゃ王国入口レゴで作られたおもちゃ王国の仲間達がお出迎え。 アトラクションは有料なので、子供に 「さあ~、おもちゃのパビリオンに行くよ~」って 声掛けたら、娘が 「乗り物、全部乗りた~い。」 (エッ?乗るの?この暑さの中?) 娘は5年生。ちょっと物足りないんじゃないかと思ってたら、余計な心配。あっという間に5・6個乗りました。
アトラクション
トミカ・プラレールランドそれから、やっと「トミカ・プラレールランド」へ。 けっこう広い部屋なのに、床一面プラレール。 壁際には、乗り物のゲーム機。 一角には、トミカランド。ミニカーもいっぱいあります。
トミカ 男の子たちがたくさん、夢中で遊んでいます。 スタッフが常に回っていて、電池切れや故障車はすぐに治してくれるので、親はほとんど何もしなくて大丈夫。ママは特に。楽チン楽チン♪ しばらく遊んだら、イベントホールに移ります。 こちらには、「ビーナタウン(昔のピコ)」
ままごとハウス 「ままごとハウス」 <br />木のおもちゃ館の一角
木のおもちゃ館中央部 「木のおもちゃ館」
まなびのハウスのボール落し 「まなびのハウス」があります。 おもちゃ王国だから、おもちゃがたくさんあるとは思ってたけど、こんなにたくさんあるとは・・。 どのコーナーも思っていたより広くて、おもちゃの量も種類もたくさんあるので、子供が多くてもあんまりとりあいにならないのが助かります。
ダイヤブロックワールド入口
ダイヤブロックワールド 他にも「ダイヤブロックワールド」や 「リカちゃん・ジェニーハウス」「シルバニアファミリー」「アクションゲームワールド」があって どんな好みの子供にも対応可!です。 水族園や乗り物のアトラクションはそんなに時間かからず回れてしまうけど、おもちゃ王国のパビリオンは、細かく遊びながら進んだら一日あっても遊びきれません。 雨の日に行ったら、すっごく有意義に過ごせそうです。 うちの近くにも来て欲しいな、おもちゃ王国。 お手軽料金なら、暑い日、寒い日、雨の日、ことあるごとに通っちゃうのに・・。

続きを読む

親と子のホッとスペース 「きゃら」(天白区)

名古屋市は、主に0歳から3歳までの子供とその親のために、「なごやつどいの広場事業」という子育て支援を行っています。 それは、NPO法人など地域の子育て支援団体が、 ☆子育て中の親子のつどいの場所の提供 ☆子育てに関する相談、援助の実施 ☆地域の子育て関連情報の提供 ☆子育てや子育て支援に関する講習会 などの活動を行う場所となり、名古屋市はそこに事業経費の一部を補助するというかたちで支援しています。市内に17箇所あります。
きゃら 入り口
室内広場の一部 今回行った「きゃら」もそういった場所のひとつで、 倉庫を改装した風の建物の中には、大型遊具やおもちゃのある広めの室内の遊び場があり、そこでは、平日10時から15時まで、「親子つどいの広場」が開催されています。 遊び場の一角には、お茶コーナーが設けられていて、 そこでホッと一息つきながら、置かれている様々な子育て情報のパンフレットなど入手することができます。 うちの下の子は1歳ですが、初めてのおもちゃもたくさんあって、1時間半ほど夢中で遊んでおりました。 お腹が空かなければ、まだまだ遊べたと思います。 遊び場では、食べることはできませんが、 スタッフの方に依頼すれば、部屋を用意してくださるので、そこで食べてそのまま遊ぶこともできるそうです。次は、お弁当を持っていくつもりです。
間取りきゃらは、託児や幼児園等も運営されていますが、 親子つどいの広場とは、同じ場所ではありますが、 部屋などは分かれていて、まったく別の活動となっています。 つどいの広場には、そこ専任のスタッフがいて、子育ての相談や子育て情報などの相談にのってくれます。 また、幼児教室や子育てスキルアップ講座などの講習会も開かれています。 ちなみにもらってきた6月のスケジュール表には、「手遊びと絵本の会」や「誕生会」「書道教室」「わらべうた講習会」他いろいろ書き込まれています。 詳しくは、「きゃら」のホームページで確認してみてくださいね。とても分かりやすいホームページですから・・。 私は、上の子(10歳)を育てる時、誰一人知る人のいない関東の一都市に住んでいました。 行く場所もないし、かといって狭い家の中にこもりきりなるのもやりきれないし・・と思い、近くの児童館に通うようになりました。 そのうち、そこの指導員の先生と顔見知りになり もう1人同じようなママと一緒に子育てサークルの立ち上げを頼まれました。 ちょうど、国の子育て支援の一環として、「親同士の助け合い」ということで、幼児サークルの立ち上げが叫ばれていた頃です。 この呼びかけに対する反応は、早かったです。 みんな子連れで行ける場所を求めていたんですね。 私と友人は、呼びかけた人いうことでまとめ役みたいなことをやることになりました。 このサークルの運営は、メリットとデメリットがありました。 メリットは・・ ・同じような転勤族のママと知り合うことができ、病気のときのお買い物をお願いしたり、子供の世話や預けあいなどができるようになった。 ・子供が、お友達同士でもまれて人間関係を学ぶことができた。 ・子供を連れて行ける場所ができた。 反対にデメリットは・・ (これは、まとめ役をしたからこそなのですが) ・私もみんなと同じ子育てしている普通の人であるのに連絡係りや企画などでかなりの労力と時間を確保しなければならなかった。 ・子供や自分の体調が良くなくても、欠席しにくく、 自分にも子供にも無理がでてしまった。                    などです。 この過去の例を踏まえて、「なごやつどいの広場事業」は、おこされているんではないかと思いました。 子育てしている人だけではなくて、「手伝えるよ」という人や組織の力を借りたら、誰もが今より少し余裕をもって子育てできるんじゃないでしょうか。 「きゃら」の書類を読むと、子育て中の人を助けたいって気持ちが伝わってきます。 だから、様々な試行錯誤をしながら、新しい挑戦をされているようです。ここには書ききれないことが、まだたくさんありますので、ぜひ一度足を運んでみてください。 こういった支援を、遠慮なくどんどん利用させていただいたら、前よりももっと明るく元気で楽しい子育てができるんじゃないかなって思うことができました。 初回見学のみ無料。 2回めから つどいの広場会員になると・・ 登録料無料。 広場利用料1回300円。 お茶コーナー無料 きゃら親子会員になると・・ 入会金無料 月会費 1000円 つどいの広場利用料無料 お茶コーナー無料 イベントなどの会員価格での参加 託児の会員価格での利用 年4回情報誌発行 天白区植田東1-901 TEL 080-5166-9968 駐車場は店舗の前に5台ほど。

杁ケ池公園(長久手町)


杁ケ池テニスコートや体育館などのある総合公園。 池の周囲を散策できます。 児童公園の遊具はこんな感じ。
遊具1
遊具2 児童公園の入り口付近から木々の間を抜けて、水が流れています。この水は、まあ、きれいそうなので、水遊びできるかな。
小川 池の一部は、こんな風に湿地っぽくなっています。
湿地
池の上の橋 池の上に橋がかかっているので、 恒例、何がいるかなぁ~と覗いてみると・・・ あ、カメがいたこっちにもカメが。甲羅干ししてる~。
カメ1 あれ、たくさん いるみたい・・。
カメ2 ひえ~玲 カメだらけだぁ!
カメ3 カメ好きな方にお勧めの公園です・・・。

野方三ツ池公園(日進市)


入り口付近昨日に続き、水遊びのできる公園です。
公園全景
小川と噴水 芝生で覆われた公園の中央を噴水の方に向かって、浅い人工の川が流れています。 深さは、噴水付近は20cmほど。その奥は、5cmほどなので、1才児でも安心して見ていられました。 途中、段差があって、そこを上がったところが10cmほどでしょうか。 この噴水、9:30~4:30(もしかして、5:30までかも・・)まで、毎時30分にどしゃぶりの雨のようにどっさり水が降って来ます。 エントランスから入ると、ちゃんと噴水脇に書いてあるので分かるのですが、この日、裏側である東側駐車場方面から入った私たち。何も知らずに遊んでいて、危機一髪びしょぬれになるところでした。
交流館内子育て広場公園の一角には交流館という建物があり、半分はちびっこ広場、半分は有料で使える自由スペースになっていました。 この建物辺りで、ちょっと着替えたり、食事したりもできるかな。
池 池の周りには桟橋が造られていて、県道に出られるようになっています。 池の中には、何がいるんだろうと覗いてみたら・・ 亀がゆったり泳いでいるその横には、70~80cmはある鯉がたくさん! パンを投げている人がいたので、そのパンをすごい勢いで奪い合っています。亀は一度もエサを食べられませんでした。 あの勢いで食べてたら、次に行く時には きっと 1mは超えてますね・・。 遊具はこんな感じ・・。
遊具
すべり台 小さい子の水遊びにぴったりな小川のあるこの公園。そんなに広くないけど、けっこう遊べる公園です。

続きを読む

涼松(すずみまつ)せせらぎの道(東郷町)

水が気持ちいい季節になってきました。 下の子は手を洗うと、水から離れたがらないので ついお手ふきでふいて終了させてしまいます。嶺 水遊びできる所ないかなと思っていたところ ここを見つけました。 ここは、愛知用水に「ふた」をして、水と緑の公園にしたとのことで、全長500m、幅20mの細長~い公園です。そのため途中3箇所道路が通り抜けており、両端には愛知用水を見ることができます。 四季折々の花が楽しむことのできる散策と、 水の中で遊ぶことができるようになっており、大人から子どもまで楽しめます。
マップ1まず、一番北側から道路まで・・
愛知用水
枯山水
マップ2 続いて道路を渡って・・ジャブジャブ池まで
水飲み場付近
砂場
ジャブジャブ池手前
マップ3 ジャブジャブ池付近
ジャブジャブ池
木製遊具 公園の人工的な小川にしては、流れがあります。 深さは、深いところで30cmくらいありそうです。 そういう場所には、魚がいたから、小学生くらいになったら魚捕りもできます。網をもっていくと楽しいかな。 浅いところは10cmくらい。(あくまで目分量です) 東屋もありますが、日よけ対策は十分して行ったほうがよさそうです。(子供は喜びそうだから、簡単には帰れそうもないし・・) 私は、川遊びが大好きだから、魚とりなんて始めたら 子供より夢中になっちゃうかもしれない・・。 次は、準備万端整えて、行こうと思います。

続きを読む

ブログ内検索
カレンダー
05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。