スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長久手町 警固祭り(長久手町)

長久手町に伝わる火縄銃を使うという警固祭り。 一度見てみたかったので、今回行ってみました。 警固祭りは豪華な馬具で飾り付けた馬を、鉄砲隊や棒隊などが隊列を組んで、氏神の景行天皇社に奉納するものだそうです。 豊作感謝の祭礼として、現在は不定期ながら10月15日に近い日曜日に行われ、今年は12日に行われました。 東切、西切の二地区が各々の集合地点(馬宿)から隊列を組んで出発、地域を練り歩き、所々で火縄銃を一斉に発砲するそうです。 この発砲が是非見たかったので、あらかじめルートを調べ、車のとめやすい長久手文化の家付近で待っていたのですが、予定より遅れ、文化の家付近はカット。 途中から景行天王社に入ってしまったので、あわてて神社の方に向かいました。 するとちょうど神社前で東西が出会いの挨拶を交わして合流し、神社へ向かい、境内へ登って行くところでした。 私たちが到着する少し前、神社入り口付近で1回発砲があったようですが間に合わず、ここでも見逃してしまいました。 とりあえず、私たちはよく分からないまま、神社での発砲を期待しつつ催しを観覧することにしました。
隊列1
隊列2
隊列3 昔の衣装を着た人たちが隊列をくんで歩いてる姿は 珍しくて、娘と大興奮。 飾られた馬が時折目の前を駆け抜けて行きます。 火縄銃にはちゃんと縄に火種がついてます。
飾り馬
飾り馬2 しばらくして棒の手が奉納され、その奉納が終わると、隊列はそれぞれの地域をまわり馬宿に戻って、祭りは終了らしいのですが、私たちは奉納された時点で帰ってきました。 その間、一度は発砲音がしたのですが、見えない位置でまたもや失敗。とうとう最後まで見れませんでした。残念。 さほど大きいというわけではない神社で、こんなある意味大掛かりなお祭りが開催されているというのは 少し意外でしたが、衣装や道具などタイムスリップしたようでとても面白かったです。 歴史の勉強にもなりそうです。 来年こそは発砲が見たいから、違う場所で待ってみようかな。
スポンサーサイト
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。