スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋テレビ塔&セントラルパーク(中区)

欲しいものがあって東急ハンズまで出かけたついでに セントラルパークを散策してみました。 地上をゆったり歩くのは、久しぶり。 買い物などで来ても、地下だけ歩いて帰ってしまうことが多いですよね。 花が美しい季節。 ここもあちこちで花が咲いています。
セントラルパーク もうすぐ端午の節句、こどもの日。 セントラルパークを流れる川の上には、こいのぼりがたくさんはためいています。
こいのぼり
噴水 う~ん、ちょっと・・・ 「干物!?」って感じがしないでもない・・・・怜 川の流れも噴水も清涼感があっていいんだけど、実際歩いてるとなんだか少し生臭いような・・。嶺 近くに住んでる方たちの生活用水になってるのかな・・・。
テレビ塔久しぶりにテレビ塔の近くまで来ました。 2006年にリニューアルしたんだっけ・・。 1階には、しゃれたレストランが入っています。 中も変わってるのかな・・。 ってわけで、昇ってみることに。 高所恐怖症のダンナは、あっさりリタイヤ。 曰く・・ 「な・なんで、金払ってまで怖い思いしなきゃならんのだっ!!」(必死嶺) というわけで、ダンナは下の子と地上でお留守番。 上の子と2人でいざ出発! 何十年ぶりだろう・・。 1階の次は、3階。2階はないんだ・・。 3階で、スカイデッキへのチケットを購入します。 グッズ販売&ギャラリーみたいなお店が1店舗入ってました。 4階は、レストラン。ウェディングもできるそうな。 ギャラリーもあって、この日はシュガークラフトの展示がされてました。
シュガークラフト ここからは、地上90メートルのスカイデッキまで エレベーターで一気に昇っていきます。 外が丸見えのエレベーターだから、やっぱりちょっと 怖いな。 スカイデッキ。シンプルです。
スカイデッキ やっぱり、昔に比べて少しスタイリッシュになったかな。 ここでもウェディングができるそうな。 この日は晴天。遠くまでよく見えます。 眼下に見えるセントラルパークやロサンゼルス広場。 ビルが立ち並ぶ街の中で、緑のオアシスとなってるのが分かります。
セントラルパーク・矢場町方面
ロサンゼルス広場方面
名古屋駅方面
真下 ここから階段を何段か上がるとスカイバルコニー。 地上100メートル。金網だけ。 少し冷えたこの日は、吹き込む風が冷たくて、娘と2人走って見ました。
スカイバルコニー ここは、桂由美認定の「恋人の聖地」なんだそうです。
恋人の聖地 桂由美認定って・・ 桂由美は恋人の聖地を探してる人だったんだ。 いや、詳しい人ってことか? よく分からんが、察するにきっとここは夜景がとってもきれいなんだろう。 今日は寒いけど、夏なんかは恋人達に人気なのかもね。 ま、うちの場合、昔、恋人だったダンナは高所恐怖症で下の子と地上でおにごっこ中。 娘と来れただけでもありがたいことだ。 いつでも来れると思ってたし、今さらテレビ塔に昇るなんて・・って気持ちもあったけど、娘はとても喜んでいました。 そうだよね、何度も昇る必要はないけども、 1回は昇っておきたいよね。テレビ塔。 スカイチケット 大人600円  小人300円 シニア(65歳以上)500円
スポンサーサイト

モリコロパーク 西エントランス広場他(長久手町)

4月1日にオープンしたモリコロパーク西口エントランス広場、花の広場に行ってきました。 北入口の方から入場し、アイススケート場を通り抜けると・・ 久しぶりの「こいの池」です。
こいの池
池沿いの道 愛・地球博の時には、いろいろなイベントが催されていましたね。 池沿いの道は、こんなに落ち着いた道になりました。 左手に多目的広場。 広場は少し高台にあり、その斜面には、満開の芝桜。
芝桜 日本の塔「月」はそのまま残っています。
日本の塔「月」 大地の塔があった辺りは、子供が遊べる噴水に。
噴水 花の広場は、あまり変わってませんね。 万博は8回行ったかな。この辺りで、よくお弁当食べました。 花がきれいな季節です。
花の広場
花の広場(上から) 階段を上がった所に、花桃の木がたくさん植えられていました。 花がちょうどおわったところです。残念。
花桃の木 花の広場休憩所。この建物、万博の時からありましたっけ?ちょっと記憶があいまい・・。
休憩所と循環バス 1階がグッズや鉢植えの売り場と、手作り教室。 この日は、木に焼き色をつけることによって絵を描く「ウッドバーニング教室」が開かれていました。
ウッドバーニング 2階はスガキヤが入っていました。 休憩所前の花壇。
花の広場花壇 木も花もまだまだ植えられたばかりの小さな苗で、広場はすき間がいっぱい。 でも、この苗が次第に根付いて、広場のすき間は伸びていく枝葉、咲き誇る花の色で埋められていくのでしょう。 これからどんな風に育って、どんな「花の広場」になっていくのか本当に楽しみです。 ちょうど、この日は「春・花・満開!モリコロパーク セグウェイツアー」という公園内の見頃の花をセグウェイに乗ってまわるというツアーが開催されてました。(45分 1000円。ガイド付き) 予約制なので、当日行っても乗れませんでしたが 乗ってみたかったなあ~、セグウェイ・・。
乗りたかったセグウェイ

ディズニーランドホテル

少し前の話になりますが、年末に東京ディズニーランドに行ってきました。 東京ディズニーランドは、もうみなさん、よくご存知なので、アトラクションなどについては省略。 今回は、我が家にしては、かなり奮発したディズニーランドホテルについてです。 関東に行くとしみじみ思うのが、サービスはお金で買うものなんだな。ってこと。 +αのお金を払わないなら、しっかり自己主張したり、文句を言ったりしてサービスを勝ち取る必要があると思います。 名古屋でのんびり育った私が、千葉に8年住んで しみじみ思ったのはそれです。(ものすごく、個人的見解ですが) 寂しい言い方ですが、よく仕込まれたチェーン店以外の普通のお店のサービス内容は、期待しないようにしなければ腹が立つだけです。(それでも、外国ほどひどくはないんでしょうが) その点、ディズニーランドホテル、さすがです。 高いお金はらうだけのことはあります。館内の設備もおしゃれで、エレベーターにだってユーモアがあり、夢いっぱいです。 年末で、かなり混みあっていましたが、スタッフの笑顔、案内、心配り、こちらから要求せずとも、何1つ嫌な思いをせずに帰ってこれました。 まずは、外観。 異国情緒あふれてて、別世界に来たよう。 胸が高まります。
正面玄関 私たちは、この正面左側の上部の階のお部屋に泊まりました。 部屋からはディズニーリゾートライン(モノレール)やランドの一部が見えます。 ランドから音楽やアトラクションの音もたくさん聞こえてきます。 下が部屋の中。 このホテルで1番リーズナブルなタイプの部屋。 3人部屋です。うちは、これで十分満足。
部屋の中 洗面所アメニティ。
アメニティ その他にも、子供用ハブラシや子供用コップ、ボディスポンジまで どれもかわいい! 私たちは2泊したので、次の日もこれだけのものがもう1セット、置いてありました。 清掃後、使った歯ブラシはこんなふうにセットされてて、ちょっと感心・・。
歯ブラシ 写真はないけど、客室設備でよかったのは置いてあるのがパジャマだったこと。細かい黒の格子模様で 着心地もよく、かなり気に入りました。 私たちは借りませんでしたが、子供用のものもあるそうです。どんなのか借りればよかったな・・。 それから、お風呂がよくあるユニットバスではなく、お風呂とトイレが別なこと。 しかも、シャワーカーテンでお湯が飛ばないよう気にしながら入る必要のない「洗い場があるタイプのお風呂」です。 それも広くて、子供と一緒にワイワイ入れるのがとっても嬉しかったです。 このホテルに泊まって良かったのは、ランドに入場する際、宿泊者専用入り口(正面入り口右あたり)が利用できること。 朝だけですが、開園を朝早く待つ人が多い中、少しでも早く入場できるのはありがたいことです。 このおかげで、開園20分くらい前に行っても開園5分くらいで中に入れました。 ここからは、千葉時代のランド通の友人のアドバイスにしたがって、1人がバズのファストパスを取りに走り、もう1人がプーさんのハニーハントに並ぶ・・。 中に入ると、津波の襲来のように、みんな大慌てで走ってました。 初めてでした。大の大人があんなに真剣に走り回る姿を見たのは・・。 この2つを乗り終えたら、人気のアトラクションはだいたい180~210分待ち! 210分って何時間?計算できないほどでした・・。 というわけで、小さな子供がいる私たちのディズニーランド、乗り物体験はあっという間に終わりました・・。 あとは、景色を見ながらプラプラ歩き。イッツアスモールタウンに軽食をとったり、外壁の時計を見ながら並び、それが終わったらホテルに帰って、みんな寝ました。 朝早くから頑張ったもんね~。ってわけで、4人揃って爆睡簾 起きれば、夕方でした。 それから、年末に一挙に放送してた、「ルーキーズ」にどっぷりはまり、ゆっくりしすぎた我が家は、 夜のパレードに「間に合わん!」と大慌てで出かけていきました。まったく情緒のないっ。 が、上の子が、久しぶりに見た大量の人に酔い、 「気持ちが悪い・・怜」といい始め、パレードが終われば早々に帰ホテル。 ま、こんなもんだよね、子供連れの旅行なんて輦。 しっかし、ディズニーランドホテル、食事高すぎだよ~。ディナーブッフェ 4200円って。子供で2900円だよ。 しかも、ローストビーフじゃなくて、ローストポークなんだよ・・。まあ、味は良かったけど。 種類も多いってわけじゃないし。 年末ということもあって、夕食も朝食もホテルのレストランはかなり混みあってました。 その上、ホテルのコンビニの食べ物(かなり充実してるし、値段は定価くらい)は売り切れてるものも多かったです。 ランド(ランドの中には食べるものがある)行かない日の朝食のこと考えてなかった我が家は、朝食求めて三千里、舞浜駅まで行く羽目に。 なのに、朝早くて1件しか開いてないし! もし、混む時期に行く場合、食事は「なんとかなるか~」と思わずに綿密に手を打っておいた方がいいですよ~。 帰ってきてから、「楽しかったなあ~、もっといろいろ乗りたかったなあ~、どうして、千葉にいる時、 もっと行っとかなかったの?」という娘。 それはね・・。 あなたが、暗いところと大きい音と速い乗り物が大嫌いな子だったから! 年パスだって持ってたのに、アトラクションもショーもな~んにも知りません、私。 いっつも友人から離れて、出口付近で待ってました怜。 子供って・・。ほんとに親の思う通りには、なりませんね。輦

明石公園(碧南市)

片隅に信号機や交差点があったので、きっとここも交通児童遊園なのでしょう。 刈谷市の交通児童遊園の充実ぶりにも驚きましたが、ここの公園も負けていません。 小さな川をはさんで、広場と遊園地に分かれます。
全体マップ 広場の方では、まだなんとか残っている桜の花が楽しめ、桜祭りが開催されていました。
桜 木製の大型遊具もいくつかあって、子供たちが元気に遊んでいました。
木製大型遊具(トリムの森)マップ
大型木製遊具 橋を渡って、遊園地部分。 下の男の子、大興奮のおとぎ列車。 汽笛の音の真似ばっかりしてました。
おとぎ列車
メリーゴーランド
ジェットコースター
サイクルモノレール
パラトルーパー
ゴーカート
パターゴルフ
バッテリーカー ここまで、1回100円。 大きな乗り物はこれくらいかな。 その他に遊び場、売店など。
遊び場
売店 小さな子なら、ここで十分1日遊べます。 入場無料、駐車場無料も魅力的です。 お得に遊べる所って、探せばいろいろあるんですね~鍊。 碧南市明石町
  • 2009-04-13 :

山崎川四季の道(瑞穂区)

約600本のソメイヨシノが約2.8kmにもわたって続く桜の名所で、「日本さくら名所100選」にも入っています。 名古屋市のホームページで山崎川のマップがありましたので、それと一緒に写真をお楽しみください。 私たちが歩いたのは、瑞穂運動場付近の河和名橋から萩山橋まで。かなえ橋から鼎小橋の間では5分咲き頃から散り始めの頃までライトアップされますが、その付近まで行けませんでした。それでも十分「2009の桜」楽しみましたよ~。 まずは、瑞穂運動場近くの河和名橋付近から。
河和名橋付近から新瑞橋方面に向けて
河和名橋・瑞穂橋間 瑞穂橋と左右田橋の間は山崎川親水広場となっており川の方に降りられるようになっています。 川の深さは浅く、小さな子でも遊べるようになっています。滝があったり、滝の上部分には水遊びができるような所もあります。(水遊び場の水は、シーズン以外は止められているようです。)
山崎川親水広場
親水広場の滝
水遊び場 左右田橋から萩山橋の間の桜のトンネルはとてもきれい。満開の桜の花びらが日差しを柔らかくしてくれます。 脇にある小さな小さな公園に野良猫がたくさんいたのに子供が異常に関心を示し、猫を追い掛け回してずいぶん時間を使ってしまいました・・・。
左右田橋・萩山橋間
桜のトンネル この遊歩道、途中には何ヶ所も川へ降りられる場所が作ってあるんですね。 その昔、ダンナと結婚する前に来た時はなかったような・・。ってことは、こんな大規模な工事が完了し、それが、景色に溶け込むようになるくらいまで来てなかったんだ・・。と、変な感慨。
川へ そして、私たちにとって思いがけずゴールになってしまった萩山橋。 どうして、ここまでしかこれなかったかというと・・・
公園1
公園2 萩山橋の脇には、ちょっと遊具の充実した公園があるんです。子供連れのわれ等は、ここでしっかり足止めさせられ、しっかり遊んでしまって、残念ながらタイムアップ。続きは、また来年。この先はライトアップされる所があるようなので、次は夜来ることとしましょう。 最後の景色は、こちら。
萩山橋から左右田橋に向かって
萩山橋から石川橋方面を臨む そうそう、川の中には丸々と太った鯉が、所々で群れをなして泳いでいましたよ。
鯉
  • 2009-04-08 :

瀬戸川沿いの桜並木(瀬戸市)

今年は満開になってから天気に恵まれています。 青い空に桜色が映えています。 川には小さな魚が群れをなして泳いでいます。 来年は、バーベキューセット持参してきます。
桜並木1
桜並木2
  • 2009-04-08 :

とある民家のしだれ桜

樹齢どれくらいなんでしょうか。 見事な枝ぶりです。先祖代々大切に育てられてきたんでしょうね。 この日は小学校の入学式。 近所の子供がこの桜の前で記念写真。 桜を見に来ていた人から「おっ!1年生 がんばれよ~」って応援されてました。
しだれ桜
  • 2009-04-04 :

亀城公園(刈谷市)

刈谷市では、桜の名所として知られる公園。 池を取り囲むように桜が植えられています。
池と桜
公園内の桜
屋台 公園の広さの割にたくさんの屋台がでていました。 30~40軒くらいはあったような・・。 昨年は同じ刈谷市の洲原公園に行ったのですが、洲原公園よりたくさんの屋台があるように感じました。 子供の遊び場は2個所あって、どちらもブランコやシーソー、滑り台といった小さな子供用の基本的な遊具が設置されていました。
遊具 今日は、桜祭りということで、孔雀のいる鳥小屋の隣にフワフワ遊具がありました。 (1回 300円)
フアフア遊具と鳥小屋
孔雀 駐車場は刈谷市体育館側に無料駐車場があります。 桜祭りの間は、その通り沿いにいくつか臨時駐車場が 設けられていましたが、昼前に到着したらどこもいっぱいでした。 結局私たちは、亀城公園から300メートルくらい離れた 市営駐車場に駐車した(空いていました)のですが、 臨時駐車場は遠い所もあるので、こちらの方が結果的に近くてよかったのかもね、と話し合いました。 料金も、最初の1時間無料、以降1時間50円と けっして高くはないので、車で行かれる方は そちらも候補にいれてみてはいかがでしょうか。 あいにく途中から雨が降ってきてしまいましたが、 屋台の食べ物(やきとりや広島焼きなど)がなかなかおいしかったので、大満足して帰ってきました。 っていうか、桜はチラっと見て、後はなんか食べてばっかりだったなあ・・。 刈谷市城町1-1  TEL 0566-62-1023(市公園緑地課)

白川公園(中区)

白川公園は都会の真ん中にある憩いの場。 名古屋市科学館と名古屋市美術館をその敷地内に置く インテリジェンスあふれる公園なのです(!?)
科学館
美術館 我が家は、上の子が学校から行って、えらく楽しかったらしく(多分、学校のみんなと行ったから楽しかったんだろう・・)「もう1回連れて行って」と懇願するので、親は「まあ、そこまで言うなら行ってみるか」というあまり積極的とはいえないノリで行ってきました。 小さい時から名古屋に住んでいるが、科学館は正直行ったことがあるかどうかも覚えていない・・。 過去に1回くらい行ってるのか、初めてなのか・・。 ともかく、展示品もたくさんあるし、それも参加型な物が多いのでインテリ度の低い我が家もそれなりに楽しんできました。 サラッと見て半日かかったから、じっくり見たら1日かかっても無理かもね、ここ。 下の子の1番のお気に入りは、やっぱりジオラマ。 最近、電車に興味持ち始めたので、この階喜んでました。
ジオラマ 美術館は、大昔、モネ展を見にきたことがあったことを思い出しました。 美術館でモネの絵見てる自分にちょっと酔ったな。 (なんか知的な感じするかな~ってね) そんな素人でもかなり良かったというのは強烈に覚えてますよ。 私の美術館歴はそれくらいだ・・・。トホホ。 この公園、ちゃんと遊具もあるんですね。意外でした。
遊具 花もたくさん植わっていて、この日ははヒメシャガの花が咲き乱れていました。きれいです。
ヒメシャガの花
噴水 ところで、噴水を見ようと広場の方に行ってみると この日はちょうど、アニメ好きな人たちがコスプレしてダンス撮影会してました。300人くらいいたらしいです。
ダンス同好会 これ、何ダンスっていうんだろ。 「ヲタ芸ダンス」っていうのかなあ。  いや、圧巻。 散歩に来た老若男女、日本人も外人も、みんなムービー撮ってました。 知らなかったけど、ニコニコ動画にこれを投稿しているらしくて、同動画のファンの間では「聖地」という扱いを受けているんだそうです。 「聖地」って! 私たちにとっては普通の公園ですが・・。 聞けば、いつもやってるわけじゃないようなので、見れてすごくラッキー! いやはや、ディープなディープな知らない世界。 かなり面白かったです。 中区栄2 駐車場あり 30分180円 科学館 展示室のみ 大人300円  大学・高校生200円 展示室・プラネタリウム       大人600円  大学・高校生400円       中学生以下 無料 

天白公園(天白区)

天白区のほぼ中央にあり、小さな山と池に囲まれ、東部丘陵の自然を残した公園。 デイキャンプ場や「プレーパーク」というプレーリーダーが常駐し、こどもが自主的にやってみたいという遊びを実現する場所があるのが、他とちょっと違う公園といえるかな。 まずは、駐車場。(無料)午後8時に施錠されます。
駐車場 入り口付近。水遊びができる深さですが、水はきれいじゃありません。今は溜め池状態でした。 夏になれば、水が流れるのかな? 男の子達はザリガニ釣りをしているようでした。
小川 芝生広場
芝生広場 左手にある池。そんなに深くないようです。
池 奥の冒険広場。大きい子向き、小さい子向き、いろいろな遊具があります。
アスレチック風大型遊具
ターザンロープ
小さな子向きの遊具1
小さい子向きの遊具2 この広場に隣接して、デイキャンプ場。 炉は20ヶ所くらいあるかな。 だれでも自由に使えます。つまり早い者勝ち。(無料)季節の良い時期はかなり混みあうそうです。 使用可能時間は、日の出から日没まで。 (ただし、駐車場は20時の施錠されます。) 50名以上の団体のみ事前予約可。(10日前までに) 半日800円。1日、1600円。
デイキャンプ場 そして、山の斜面にはりつくようにあるてんぱくプレーパーク。すべてが手作りといった感じ。 “子どもの「やってみたい」と思ったことができる場所”ということで、この日も火を使っていたのでしょう、煙が立ち上っていました。
てんぱくプレーパーク 開園日時 火~金曜(祝日を除く) 10:00~17:00 及び毎月第2土曜&日曜 (ただし1日が日曜の場合は第2土曜とその翌日) 誰でも参加できます。 お金は必要ありません。 http://tenpaku-playpark.com 住宅街の真ん中に残された自然いっぱいの公園。 でも遊びやすいようずいぶん手を入れられています。 見通しもよく、安心して連れて行ける公園です。 ガイド ●所在地 名古屋市天白区天白町大字島田字黒石ほか ●交通 市バス「平針南住宅」下車 ●問合せ先 名古屋市天白土木事務所 TEL 052-803-6644
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。