スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トラックと交通安全・環境フェア

年に一回行われる、トラックなどの展示会と交通安全をテーマにしたイベントです。
昨年は吹上ホールで開催されていましたが,9/20にポートメッセ名古屋で開催されました。


1日だけ、朝10:00~16:00までという短い時間のイベントなのですが、みんな大好きな入場無料の上、今年は「つくってあそぼ」のワクワクさんとゴロリが来るし(去年はNHK教育の「いないいないばあ~」の「わんわん」が来たんですよ)、パトカーや白バイ、清掃車といった「はたらくくるま」が展示されるとあって、小さな男の子がいる家族連れがワンサとやってきて、会場は今年も大賑わいでした。

子どもって不思議ですね。
教えたわけじゃないのに、男の子はやっぱり車好きな子多いですよね。
うちの子も1歳を過ぎた頃から興味を持ち始め、手にはいつもミニカーが握りしめられています。

最近までの一番のお気に入りは、救急車。二番目がパトカーでした。
それが最近、大好きランキング赤丸急上昇中なのが、清掃車。
2台持ってるので、どこに行くときも片手に一台ずつ持っていきます。

そんな息子に間近でパトカーや清掃車を見せてあげようと出かけたわけですが・・

いやもう、大混雑。
入口付近に展示のパトカーや白バイは黒山の人だかり。
  パトカー       白バイ

息子に張り切って「ほら、パトカーだよ。」と言っても、慣れない人並みに圧倒された息子は
親にぴったりとくっついて離れません。あれっ!?そう、くる?
感激!感動!笑顔!じゃないのね・・


奥に進むとたくさんの企業ブースがあり、さまざまな参加型の展示がされています。
たとえば・・・
・消防服を着て、消防車の絵の前で写真を撮る
・交通安全のクイズに答えながら進む迷路
・ボールプールを使ったレスキューゲーム
・ふわふわ遊具を使った親子チャレンジゾーン
                  ふわふわ遊具
       
                   ・・などなどたくさんあるのですが、こちらも残念ながら長蛇の列。
                     楽しそうなんだけどねえ・・。

息子の元気がどんどんなくなっていく・・。
この様子じゃ、並んで待つのは無理そう・・。

主役がこれじゃ、仕方ないか・・。
ってわけで、写真だけ撮って会場を後にしたのでした

すると・・・
会場を出たらば、いきなり元気復活
帰りの車の中、すれ違う車にテンション上がってます・・。

そっかそっか・・。
これでいいんだね、君は。

<今日の発見>
・息子は人ごみにめっぽう弱い・・。
・息子の好きなのは、「はたらくくるま」というよりも、「実際にはたらいてる車」だったってこと。



でも、このイベント、パトカーにも白バイにも乗れるし、ゴミ収集車のゴミ投入口にも座れるし、
なかなかできないことが、いっぱいできるんだよ。

この価値が分かるようになったら、また来ようね・・。

<おまけ>

   道路パトロールカー   JAF

<主催>
社団法人 愛知県トラック協会


<ちょっと思ったこと>
ポートメッセ名古屋付近って、何もないんですね。コンビニ探すのも大変そうです。
中に東山ガーデンのレストランがありましたが、それくらいです。
今回、お弁当を持っていって本当に良かった・・と感じました。

<駐車場>
1日 700円

スポンサーサイト

中津川観光栗園 いが栗の里(岐阜県)

いちご狩り以外、あまり味覚狩りには行かないけど、思い立って「栗拾い」に出かけることにしました。
調べてみると、栗拾いのできる場所は案外少ない。
香嵐渓近くにある「グリーンファーム三ツ足栗園」・岐阜県の「夜明け栗園」・そして今回行った「いが栗の里」くらいしか見つかりませんでした。
調べた限りのそれぞれの特徴は・・
グリーンファーム三ツ足栗園・・料金大人2300円・栗ご飯のお弁当付・お土産1㎏付・急斜面ぽい

夜明け栗園・・料金大人700円、子ども無料・お弁当なし・時間制限なし・お土産なし(別料金)・車から栗園頂上までと考えるとけっこう歩く・HPに、シルバーウイーク後半、ほとんど栗はないとはっきり書いてある

いが栗の里・・大人1400円(子ども700円)・お弁当なし・時間制限だいたい30分くらい・お土産1㎏付斜面はきつくなく、歩きやすそう。栗がなくなった場合は、地元の栗をまく場合があります・・と書いてある。

値段も方針もそれぞれ随分違う・・。

どこにするか・・娘と随分悩んだ。

で、結局、料金は真ん中くらい。栗はないよりあるほうがいい。うちの2才児が歩きやすくて危険が少なそう。イメージとして、土地柄、おいしい栗がありそうだってことで、いが栗の里を選んだのでした。

そして、現地に到着。

受付・・。こちらで、カゴと火バサミは無料で貸出してくれます。


        受付      栗拾いスタイル

栗園は目の前。全く歩く必要なし。

数歩歩けば、栗が落ちている!!
栗・・。

えッ!?こんなに簡単に拾えるの?

あっちにも、こっちにも、きれ~な栗がボロボロ落ちている。

ま・まさか・・。これがまいてる栗ってことなのか・・。

栗のイガは痛いから、チビは危ないんじゃないかとか、軍手忘れた!とか大騒ぎした自分達がアホみたいに思えてきた。

気をとりなおして拾い続けていると、目の前を歩くおじさんが大きなカゴを素早く傾けると、ボタボタボタと栗を落とし始めた

あっちゃあ~

めっちゃ、ローカルな話になるが、まいてると評判だった船橋海浜公園(千葉)のアサリだって、朝、誰も来てないうちに、こっそり係りの人がアサリをまいておいてくれた。
だから、来た人は知ってはいるけど「これってまいたやつかな~、それとも最初からいたやつかな~」
とかいいながら、自分がとったのだけはきっと最初からいたやつなんじゃないかと思いながらやってた。

でも、こう目の前でやられちゃあねえ・・。

後で、隣人にこの話をしたら、猿の餌まきみたいじゃん!と言われた。

確かに・・・


でもまあ、ここのいい所を探せば、

うちの2才児でもなんの危険もなく、機嫌よく栗拾いをすることができた。
(適度な斜面とイガなどの程よい危険は、奴の遊び場として最高だったらしく、帰るとき泣いたくらいです)

栗園がきれい。
栗園

なってる栗を見れる機会は少ないから、どんな風に栗がなるのか知らない子にはいい経験。
   栗の木    いが栗

ごくまれに、本当に今、落ちたばっかりといった風な栗もある。(栗の下が白い)
             新鮮な栗

なんてことかな・・。


今回は、大人3人・子ども1人+幼児で行ったわけだが、お土産として栗 約3.5㎏!!
  
   ほんの一部・・。

近所に配りまくりました・・・。

そしたら、皮剥がめんどくさそうだとブツクサ言う私を見かねて、隣人が栗きんとんを作ってくれた。


材料をあげたら、食べられるようになって戻ってくる・・。なんて、素晴らしいんでしょう!!

       手作り栗きんとん

味もかなり良かった!!多分、腕もあるだろうけど、もともとの栗も そうとう美味しいようだ。
(他の土地の栗に詳しいわけじゃないが)やっぱ、中津川の栗は、おいしいっ。  

さて、みなさん。

これらを踏まえまして、みなさんだったら、どの栗園を選びますか?


岐阜県中津川市苗木 八幡柿野48-42付近

問い合わせ
中津川市観光協会 0573-62-2277

期間

  毎年 9月第1金曜日~10月第1日曜日まで。(今年は9/4~10/4)















名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット(港区)

ワイルドフラワーの里
春になると一回は、ここのワイルドフラワーの丘からテレビ中継があって(ズームインとかで見るような気がしませんか?)、一度来てみたかったんだけど、知り合いが、「あそこ、そんなに広くないよ。」なんていうもんだから先延ばしにしていました。

今回、近くまで来る用事があったので、立ち寄ってみることにしました。

私は、イングリッシュガーデン風な花や庭が好きなので、入口からして好みにぴったり。
            入口  期待がもてそう

中は、22のテーマで考えられた小さな庭を組み合わせて造られています。

受付ともいえるセンターハウスを抜けると、最初に目に入るのが、このちょっと低めになったお庭、
「サンクンガーデン」
                          サンクンガーデン
そのまま、進むと目の前に広がるのが、小さな川を中心に、水辺の花や牧草地風な場所などをくみあわせて造られた開放感のある、自然な風景。
この辺りはもう、お庭という感覚を超えてます。

    庭園中心部の風景1           庭園中心部の風景2


中心部だけじゃなく、その周辺にも様々な雰囲気のお庭が造られています。

ウォールドガーデンという壁面を利用した花壇。
  
         ウォールドガーデン

これは、何がテーマかよく分からないけど、題はクール・ブリタニア
クール・ブリタニア

橋付近・・。橋付近
 

などという風に、いろいろありました。

確かによく知られた「ワイルドフラワーの里」は、思っていたほど広くないけど、その他の部分もきれいだったので大満足です。

写真アップした場所以外にも見所はたくさんあるので、この秋、ちょっとフラっと立ち寄ってみるといいかもしれません。(9/19~11/23まで、オータムガーデンフェスティバル開催中)

春はまた、咲く花の色合いも明るいので、全く違う庭になっているのかもしれませんね。興味でてきた~

そうそう、海沿いなので、海もきれいでしたよ。
サニーハウスから臨む名古屋港水族館方面



今回行ってみて、そんなに遠くないし、水上バスに乗らなくても普通に現地まで行けるってことが分かった(勝手に水上バスに乗らなきゃ行けないと思い込んでいた)から、次はもっと気楽に行けそうです。

挑戦してみよっと。


名古屋市港区潮見町42番地
TEL 052-613-1187

開園時間
3/1~11/30・・9:30~17:00
12/1~12/25・・9:30~16:00

休園日
毎週 月曜日
海の日(7月の第3月曜日)
12/24・冬季(12/26~2/末)

入園料
大人  300円
65歳以上 200円
小中学生 150円
6歳未満 無料 

園内では飲食禁止となっているので、お弁当とかは食べられません。
レストランが一つありましたから、食べるなら、そちらを利用してくださいってことかな。


ところで・・・
けっこう、大人なコスプレイヤーたちが、あちこちで写真を撮っていて、ちょっと驚きました。
メイド服とか、ガンダム風服とか着てて・・。こういう所、興味あるんだ~、とかちょっとミスマッチな気が・・とか。
最初のワイルドフラワーのさとの写真にも、よく見るとメイド服の女の子達が写っているんですよ。

見ていいのか、見てはいけないものなのか・・悩んじゃいました。
これって気を使いすぎなのかなあ・・。

めぐみの森キャンプ場(豊田市)

近くて、安くて、比較的きれいなキャンプ場だとの噂を聞いて行ってきました。
我が家からは、グリーンロードを利用して行けば1時間もかからず着いてしまいますが、
緑豊かで、静かな場所です。
本当は、ロッジかバンガローが良かったのですが、すでにいっぱいで今回は、デイキャンプをしてきました。(休日前などは、なかなかとれないようです。)

まずは、全体の地図から・・。

                全体の地図


管理棟

       管理棟

管理棟は比較的きれいですが、中は受付のみで、売店などはありません。
炭だけ置いてあったような気がします。
(バーベキューセット・炊事セットの貸出はあります。各々、200円。)

この2階にも宿泊できて、1泊500円なんですって。一人旅とかしてる人にいいのかな。
(7~8月を除く6/1~9/30のみ利用可。)

このすぐ近くに、ロッジが2棟あります。
ここもなかなかきれいで、中にはミニキッチンやシャワールームがついているそうです。
パンフレット等では、ロッジの前は池になっていますが、今は埋め立てられたのか、池はなくなっていて広場になっています。
その広場の一角にバーベキュー場があるので、便利です。
ただ、お隣の棟の人と並んでやらなきゃいけませんけどねロッジ

ロッジを手前にして、山の斜面を登って行くように施設があります。
ロッジの上に芝生広場。ここにはドラム缶風呂があります。眺めはいいけど、女の子には
絶対無理です!

ドラム缶風呂

芝生広場に沿って流れる小川。
けっこう石がゴロゴロしてます。
上流の方には、サワガニなんかがいました。

川を挟んで、バンガロー(6棟)
ここも、けっこうきれいでした。
ワイルドさにかける我が家でも、ここなら泊まってもいいかな。
     バンガロー        バンガローの中、ガラス越しに見てみたら

ここを通り過ぎて、また少し斜面を上がった所にバーベキュー場はありました。
バンガローに泊まった人たちも、ここの炉を使うことになるようです。
バーベキュー場と炊事場  ま、普通ですね。

水場は、ここから少し斜面を上がった所にあります。

すぐ横にある小川。意外にも、サワガニとかいました。
        小川

ちょっと広々感には欠けますが、下流に比べれば浅いし、石が少ないので小さな子には安心です。


続いて、森の中に広がるテントサイト。
最初からテントは張ってあるんですね。楽でいいじゃないですか。
  テントサイト   テントの中

子ども会とか、ボーイスカウトとか、そういった団体の利用に良さそうです。
実際、この日もそういった団体さんが利用されてました。
キャンプファイヤー場もちゃんとありますしね。
キャンプファイヤー場


ただ、テントサイトの利用は7/1~8/31までということで、今年度は終わってしまいました・・。

遊び場としては、小川、ちょっと斜度のある芝生広場とアスレチック遊具かな。
アスレチック遊具は、こんな感じ。
   遊具1         遊具2

こんなのが、4種類くらいあったかな。
これもロッジの近くだから、やっぱり泊まるならロッジが一番何かと便利なんじゃないかと思います。
ま、山にきて、そんなに楽することばっかり考えちゃうのもなんですが・・。

近くで遠くを味わえるキャンプ場でした。

それにしても・・・
毎回言ってるけど、豊田市の施設ってな~んかリッチなんだよね~・・・。いいなあ・・。

入場料(6/1~9/30) 1名 150円
ロッジ(6/1~9/30)  1棟 8150円
バンガロー(6/1~9/30) 1棟1500円
テント(7/1~8/31)   1張 350円

豊田市西市野々町西山825-16


<申し込み・問い合わせ>
豊田市役所藤岡支所 地域振興担当
申し込み先TEL 0565-76-2102
めぐみの森キャンプ場
  TEL0565-76-2306





鞍が池公園(豊田市)

昔はたしか、こんなに広くなかったのに、(2005年頃整備されたらしいのですが)、今や、東海環状自動車道、鞍が池PAからも利用できるハイウェイオアシスとして、かなりスケールアップし、内容も盛りだくさんな公園に変身しています。

今回は、まだ暑いから室内の遊び場でも行こ!って、軽い気持ちで訪れたのですが、駐車場に着いたら見える「赤い電車」に下の子が異常に関心を示し、駆けていってしまったので、室内の遊び場とは
真逆の方向に進むこととなり、挙句、ほぼ一周することとなったのでした。

まずは、赤い電車こと、名鉄電車から。
電車 名鉄電車内部
中に入って遊べますが、運転席は触れません・・。残念ね・・。



奥に行くと左手に動物園があります。約30種、100点の動物がいるそうです。
今回は、先が見たかったので、チラッと覗いただけでまたの機会にまわす事にしました。
鳥類がけっこういそうな感じでしたが、どうなんでしょう。
チラっと動物園 休園日 12/29~31 開園時間10:00~16:30 無料


突然、丘陵の斜面に草を食む馬が現れてびっくり。この先は、観光牧場らしいです。
観光牧場の馬          観光牧場建物
 

観光牧場の動物ふれあい広場は割と広め・・。
動物ふれあい広場1        動物ふれあい広場2

広場開園時間 13:10~14:50  休園日 月曜・雨天・年末年始
ヤギ・羊・モルモット・うさぎの他に牛柄のポニーがいて、しばらく牛か?馬か?と悩んじゃいました・・。
珍しいですよね、牛柄ポニーって。

またまた進むと、今度は英国庭園
我が家の猫の額サイズの庭も、これをめざしてるんですけど・・。まったく別物だと再確認・・
            
                  英国庭園


続いて四季の古里(さと)

ここにあるチェリーセージの丘は、咲いたらきれいでしょうね~。来年の春、来なければ!!

広場のほうは、今はマリーゴールドが盛りでした。
チェリーセージの丘     四季のさと


こっから、戻るのが大変なので園内周遊バスを利用することに。
園内バス園内移動車両のルート
園内バス内部
大人 100円  小人 50円 1周 25分くらい
びっくりするくらい低速で走ります。


ちなみに下は、パーキングエリアまで運んでくれるバス。かわいいね。
パーキングエリア行きバス

そして、やっとこ、本日の目的地、プレイハウス。9:00~17:00まで。12/29~31までのみ休館。
                    プレイハウス


内部の一部。どんぐりプールは大人気でこの日も大混雑。
プレイハウス内部          みんな大好き♪どんぐりプール

外には、遊べる噴水もあります。
                  遊べる噴水


その他にも植物園・鞍が池でのボート・ちびっこ広場などありますが、とても周りきれなかったので
写真だけどうぞ。

雰囲気伝わるかな。

            
  植物園
  

  鞍が池でボート      ちびっこ広場



公園前のお店
レストランなどは特にありません。芝生広場の前にある昔ながらのおでんや五平餅を売ってるお店くらいかな。
他のものが欲しい場合は、持って行ったほうがいいかも。

お昼ごはんを持って、1日かけて遊びたい公園です。

豊田市矢並町法沢714-5

開園時間 AM9:00~PM5:00









テーマ : 名古屋・愛知
ジャンル : 地域情報

一の谷・(豊田市)

夏休みに岩魚(参:高林養魚場)・鱒(参:上川養鱒場)と食べたので、次は、鮎だ!とばかりに出かけてきました。


名古屋から近いヤナといえば、広瀬ヤナ・松平ヤナ(豊田市)などが思い浮かびますが、広瀬ヤナは七月の大雨でヤナが流れてしまったので、食事だけになっているとの情報。


「ヤナにも入りたいよね」ってことで、松平ヤナに向かいましたが、やはりなぜか休業していて入れません。

で、今まで行ったことのない「一の谷」に向かったのでした。


行ってみれば、思いがけず立派な建物に軽くびっくり。


どちらかといえば、食事処という感じですね。(この日も法事などで、会食に来ているお客さんがたくさんいました。)
 入口              ヤナ近くの建物



ヤナはこの茅葺の建物の裏側の川に作ってあります。
ヤナ            ヤナに降りてみました



お店の中からも行けますが、特に手続きはいらないので、建物をぐるりと回って直接ヤナに入っても良いようです。


といっても、このヤナ、観光用ですから遊び場としてが主な役割のようです。(時々はホントに鮎くるのかなあ~。それは謎のままです・・。)


ヤナの入口近くの建物には鮎 つかみ取り 5匹 1000円。 (取った鮎は返してください!)と書いてありましたから、つかみ取りも体験できるみたい。


でも返さなきゃいけないってのは、本当に遊ぶだけなんだなあ・・・。

水は、とってもきれい。遠くでは、釣り人が竿を鮎をねらっているようです。


川の深さは、10cm~70cmくらいが多いかな。流れもけっこうあります。


最近、川に慣れてきた下の子が、ドンドン突撃していくから怖い怖い・・・


ま、最悪、ヤナに引っかかるかと、腹をくくることにしました

今回は網を新しくおかげか、川べりでもいつもより大きめの魚がとれました。
魚たち




茅葺の建物の方は食事場所になる場合もあるようですが、使う予定のない場合はヤナで遊んだ人の休憩場所のようになっていました。
休憩所          休憩所2


この休憩j所、なんだか落ち着く雰囲気のせいか、知らない子供同士が仲良くなって、畳の部屋の真ん中でグルグル走り回っていてなんだか、とっても楽しそう、(気付けばうちの子も一緒に周ってた!!)


そういえば・・・その昔、お盆にはおばあちゃん家に集まったいとこ達とあんなふうにグルグル走り回ってよく叱られたなあ。

「仏様の前で、暴れちゃダメ!!」とかってね


食事場所は、入口入ったすぐの所。川を眺めながら食べられる、落ち着いた雰囲気のなかなかいいところ。
食事場所            食事場所からの景色


こちらで、鮎尽くしの料理なども食べられます。(2680円~ 鮎飯、鮎フライ、塩焼き、他)

(参)単品で塩焼き630円、フライ630円、鮎飯630円





ただ、焼き方は普通でした・・。

ちょっと最近、炭焼きだの、囲炉裏焼きだのだったので、期待しすぎてしまいました・・。




豊田市足助町一の谷22番地
TEL 0565-62-0508

香嵐渓のすぐ近くです。

営業時間  AM11:00~PM5:00

休業日  毎週木曜日(11月は無休です)

岩屋堂(Ⅱ)/バンガロー村(瀬戸市)

今年も岩屋堂プールに行ってきました。 今回はプールだけではなく、橋より下流の方で魚とりなんかもしてたかな。
橋の下のほう
捕れたよ~ プールの方は昨年と変わってなかったので、こちらを読んでいただければ幸いです絵文字名を入力してください。今回は、プールの上流の方にも行ってみました。 まずは、岩屋堂全体の地図。
地図 川沿いの道には、料亭ってほどじゃないけど、座敷のある食事場所が数軒立ち並んでいます。 その前を通り過ぎ、プールから5分ほど歩いたところに「岩屋堂バンガロー村」があります。 ここ、パンフレットで見る限り、立派なバンガローの絵が描いてあるから、ちょっと期待してました。 が! 結論からいうと、バンガローはメインじゃありません。 実際は、デイキャンプ場としてのみ使われており バンガローは荷物置き場か、着替え場所って程度。 でも、それも実際、みんな使っているのかなあ・・ ?
バンガロー&炉 バンガロー村は、川沿いの道を挟んだ山の斜面にあるのですが、正直、けっこう年季が入っていて、場内の道もあるというのか、なくなっているというのか・・。という感じ。
バンガロー村入口
水場までの道 ただ、岩屋堂全体で、火気を使って良い場所はここしかないので、バーベキューをしたい人はここを利用することになります。 それに、斜面を降りたところの川は、浅くて、空いていて良いので(段差がちょっと気になりますが)、土日なんかは混むという話でしたよ。
管理棟
バンガロー村近くの川 ここから7分ほど上っていくと、今度は「大滝荘」というマスの釣堀がありました。 釣った魚をその場で料理してもらえるそうですが、行った日は、あいにくもう終わってました。残念・・。 ってことは、夏休み中毎日と11月まで土日祝日営業しているとのことでしたが、お昼過ぎてお客さんがいなくなると、どうやら閉まっちゃうみたいです・・。 だから、行くならお昼時をちゃんとねらって行った方が良さそうです。 雰囲気だけ写真でどうぞ。
大滝荘1
大滝荘2 帰り道、瀬戸大滝を眺めながら川沿いに森の中を歩いていたら、高校生くらいの男の子達が川から笑顔で手を振る・・。 「なんだろ?」と思ってみていたら、落差4メートルくらいの段差を後ろ向きに!飛び降りた! (下の写真の倍くらいの高さなんだよ!)
これで2mくらいの段差 ええっ~~!!?? ビックリしている私たちに構わず、次々に5人くらい飛び降りたんです。 うわあ~! 男の子って、こういうことしてるんだ・・;。 親は知らないんだろうな、こんなことしてるって。 いや、知らない方がいい。 寿命が縮むもん・・。 うちのチビも、上の子に比べりゃはるかに動きが激しい。 ああいうことするようになるんだろか怜。 世の元気な少年たちよ! どうか、どうか、みんな無事に大きくなりますように~嶺嶺。 心の底から願っておりました・・・。 バンガロー村 開設期間   4月下旬~8月末まで   (今年は終わってしまいました) 利用時間   10:00~15:00 利用料金   大人 300円  子ども(小学生)100円   小学生未満 無料      バンガロー  1000円(希望者のみ) 予約申し込み・問い合わせ 瀬戸まるっとミュージアム・観光協会 TEL0561-85-2730 大滝荘 0561-41-1026

上川養鱒場(瀬戸市)

お盆に、信州で岩魚の炭焼きを食べて、そのおいしさにすっかりハマってしまった我々は、瀬戸出身の人に瀬戸で鱒の塩焼きが食べられると聞いて行ってみることにしました。
養殖池のどかな田園風景が続く道を川上の方に向かって、どんどん行くと、突き当たり?と思える場所にこちらはありました。 50年も続く養鱒屋さんだけあって、建物はそれなりに年月を感じさせるものがありますが、中はきちんと隅々まで清掃されていて、魚の匂いもなく、木々に囲まれた涼しく落ち着いた空間です。 システムはこうです。 1、直径5cmくらいの練り餌を買う。えさ代  1個10円(釣り代無料)
受付・調理場 2、釣堀脇に置いてある竿に餌をつけて釣る。>(子どもでも簡単につれます。)
釣堀 3、必要な分だけ釣ったら、計測してもらう。 鱒代   100g200円(1尾200~300g) 4、料理法を決める  調理代   塩焼 1尾 200円       さしみ 1尾 300円       フライ 1尾 340円 5、追加で頼むものを決める   御飯・赤だし・ビール・ジュースなどあります。 6、お金を払って待つ塩焼きの場合、囲炉裏で焼くので20~30分くらいかかります。
囲炉裏で焼いてます 7、呼ばれたら取りに行って、後は自由に食す!
食事場所    って、感じです。 うちの2才児はほんっとにわんぱく盛りで、気付けば見よう見まねで竿を振り回し、危ないから針をとりあえず釣堀の中に落とさせたら、いきなり釣れてしまった嶺!! 本人も周りもびっくり! おかげで気が済んだのか、その後はおとなしくしてましたけど・・。 ま、それぐらい釣れやすいので、楽しいけど釣り過ぎには注意が必要です。   お味はといえば、もちろん塩焼きもおいしかったけど、フライもけっこうおいしかったなあ。 これから瀬戸のほうに遊びに来るたび、ついでと称して寄りたくなっちゃうような気がする・・。 ところで・・ 帰りにお店の方が、横を流れる「沢からサワガニが上がってきたから、僕、持って帰る?」と言って、大きなサワガニをくださいました。 「カンちゃん」と名付けられ、新しく我が家の一員となったカニさんは、みんなの人気者です。 が! とっても元気なやつで、夜中、水槽をよじのぼろうとするカリカリという音が、時折、寝ぼけた家族をビクビクさせているのも確かです・・。
カンちゃん 住所     愛知県瀬戸市上半田川町1171番地  電話      0561-41-0829 営業時間   夏期 10:00~17:00        冬期 10:30~16:30 定休日     無休(12月31日,1月1日を除く) 予約の有無  無(10名以上の場合予約した方がよいそうです) 食堂      客席20名程(野外で食事可) 駐車場     20台 マイクロバス可

定光寺 森林交流館(瀬戸市)


森林交流館定光寺キャンプ場に程近い山の中に、この施設はあります。 詳しくは分かりませんが、森林の役割や木材などについて学ぶ施設として建てられたようです。 国産木材で造られた建物は、木の香りいっぱいです。 中は、そんなに広くはありませんが、林業の際の道具の展示の他、木工細工や木のおもちゃが展示されていて、どれも触って遊んでOKなんです。
木でつくられた置物
木のおもちゃ 世界で一番重い木と世界で一番軽い木は、びっくりするぐらい違うから、是非持ってみてくださいね。
比重の違う木 2階は、木製パズルや知恵の輪、森や木に関する本が置いてあります。
2階 交流館裏の森の工作室で、100円で木工細工を体験させてくれます。(交流館にて受付。大きく書いてないけど、言えばちゃんとやらせてくれます。) 作品例
作品例
森の工作室
工作の材料 散策コースもあるからかな。大きな休憩所もあって、そこでお弁当なども食べられます。
休憩所
休憩所な中 展望台もあります。
丸根山展望台
展望台から
どんぐり山の中は、街よりもうんと涼しいし、風も心地よいです。 建物の周りには、もうどんぐりもたくさん落ちてました。 いつの間にか、そんな季節になっていたんですね。 余談ですが、このどんぐりを拾っている時、娘の頭の上にヤモリが落ちてきて、さぁ、大変!! うわあ~!! の声とともに私の所に駆けてきて、頭をぐりぐりこすりつけるので、おかしくなっちゃったかと思いました聯 後で、受付の人に「ビックリしましたよ~」と話すと、 「ヤモリは毒ないから、大丈夫、大丈夫~鍊」と陽気でした。 いや、そういう問題じゃないような・・。 ま、いっか秊。 ただここ、山への入り口や途中、看板が分かりにくいのが玉にキズ。 アクセスマップを見つけましたので参考になるといいのですが。 こちらで分かるかな? 近くには、定光寺や岩屋堂といった遊び場もあるから、それと絡めて立ち寄ってみてはどうでしょうか? 瀬戸市川平町1番地 TEL 0561-97-8875 月曜定休(月曜祝日のとき場合、翌日が休み) 年末年始 【お問い合わせ】 〒456-8620 名古屋市熱田区熱田西町1番21号 中部森林管理局名古屋分局指導普及第二課 電話 052-683-9215 Fax  052-683-9232
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。