スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知牧場(日進市)

軽い気持ちで愛知牧場に行ったら、ちょうどコスモスが満開でした。

コスモス1

コスモス2

普通のコスモスは背が高くなるので、少しの風で倒れたりしがちですが、ここのコスモスは低めで
安定感があっていいですね。
ただ・・・
ここは一応「コスモス迷路」となっているので、背の低いコスモスが迷路向きかはやや疑問ですが・・

他のエリアは・・・
少し来ない間にまたまた動物コーナーのレイアウトが変わり、孔雀が増えてました。
変化が激しいね、このコーナーは・・・。
私は、孔雀のあの羽根の色が大の苦手なので、遠くで見てました・・。

コスモス畑の裏側から東名の東郷パーキングエリアに入れます。
愛知牧場には食事らしいものが少ないので、こちらで食事してもいいかと思います。

今日は天気が良かったので、コスモス目当てのお客さんやら、乗馬の練習する方やら平日とは思えない混雑ぶりでした。
土日はどんなことになるんでしょう。

でも、秋に1回はコスモス見たいですよね。いかがですか?


以前書いた記事はこちら


FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

野外民族博物館 リトルワールド(犬山市)

あら、まぁ、立派になって~

これが昨年、久しぶりに来たリトルワールドを見た最初の感想・・。。

そうだよね~。あれから随分月日が経ってるもんね。
それは、忘れもしない、私がまだ高校1年生になったばかりの頃の話。

入学したての高校で、遠足がありました。
私が行ってた高校は比較的自由な校風の学校で、遠足の行き先は各クラスで話し合って自由に決められたのでした。
私がいたA組は、学年の中でも真面目な子が揃っていると評判で、その評判を裏付けるように
同じ学年の他のクラスが全部(9クラス)長島スパーランドに決めた中、たった一つ、ここ「リトルワールド」に決めたのでした。
理由はもちろん、「世界の暮らしにふれてみたい」みたいなことだったと思います。

当時、リトルワールドはまだ開園したばかりで、みんなワクワク。
「長島になんか負けないぞっ!」くらいの勢いで現地に入った私たちを待っていたのは、次々に現れる
『○○国建物建設予定地』という看板たち でした・・・。

細かいことは忘れましたが、多分、開園しながら順次公開という形がとられていたんだと思います。

16歳の私たちは、その看板を眺めながら、ちょっとがっかりしながらも「これから大丈夫~?」と
リトルワールドのこれからを心から心配していたものです。


次の年から、遠足はどのクラスも「長島スパーランド」に行くようになりました。

そのせいなのか、どのせいなのか、その後、私はリトルワールドに行く機会がなくしてしまい、昨年までン十年、訪れておりませんでした。

それが、昨年、ふと行ってみると、あまりの変わりようにビックリ。

建物がたくさん増えてる!
その国の食べ物も体験できるっ!

     などなど、見所がたくさんあるじゃぁありませんか

民族衣装の体験コーナーもいろいろあって、娘はサリーやら、ドイツ民族衣装やら体験して「リトルワールド」を満喫しておりました。
が、残念ながら写真を撮りそびれちゃった・・。

で、今年。
今年こそは写真を撮って帰るぞ!と心に誓いながらも、やっぱり難しかった・・。
建物が大きいから、うまく撮れなくてあきらめちゃうんですよね。

そんな中、ちょっと雰囲気だけ伝われば・・って感じで写真、何枚か貼ってみます。
ペルー
白い壁がきれいです。
ペルー

バリ
バリ

フランス
フランス

国や地域によって、建物を形作る材料や色合いが全然違って、異国情緒あふれる空間が楽しいですね。
また食べ物も違うから面白いです。
今は、「世界の肉料理」っていうイベントをやってました。

肉料理以外にも もちろんいろいろあります。
今回は・・
韓国のチヂミ・ドイツのソーセージ・ブラジルのエルパティオ(牛肉の串焼き)・フランスのチーズピザみたいなの・・などに挑戦してみました。
同じ食材でも、やっぱり国によって味付け、違うもんですね。そこが、ちょっと面白いです。

民族衣装の体験は、園内10ヶ所(くらい)で体験できます。
(韓国・イタリア・ドイツ・沖縄・フランス・中国・南アフリカ・インド・インドネシア・ペルー)

1周、確か2kmちょっと だったと思います。
園内バスは1日乗り放題で大人 500円 小学生 300円 幼児(3歳以上) 100円
派手なのとクラッシックなのと2種類あって、派手な方はこんな感じ。
園内バス

秋はリトルワールドを見る一番いい季節だと思います。
「リトルワールド。ほんと、立派になったね~。」
今年もそういいながら、帰ってきたのでした

愛知県犬山市今井成沢90-48
TEL 0568-62-5611
秋の営業時間  9:30~17:00

入場料 大人1600円 高校生1000円 小中学生600円 3歳以上の幼児 300円



FC2 Blog Ranking

棚田の風景(岐阜県)

道を山の方へず~~っと走っていると、「あれっ?田んぼの景色がやけにきれいになったな」って感じると、それが岐阜に入った合図です。
なぜなんでしょう。
岐阜の田んぼ、というか里山の風景は、他よりも手がかけられているんでしょうか、きれいに感じられます。

そんな岐阜県の水田の1割は、棚田となっているそうです。
水田の広がる風景ってきれいですよね。
棚田となっていれば、なおさらです。

で、岐阜に行ったついでに「ぎふの棚田21選」の中のひとつ、恵那市中野方辺りを散策してみました。

  棚田1
                           棚田2

田んぼの間の道を歩くと、稲とキンモクセイのいい香り♪

田んぼにはそれぞれ、学校名やグループ名が書いたプラカードが指してあります。
土地を持っている人だけじゃなくて、みんなで稲を育て、この風景を守ろうとしているんですね。

昔は当たり前だったであろう、この景色。
いつまでも残っていて欲しいなとしみじみ思いました。


写真は、岐阜県恵那市中野方折阪付近です。

  
  



こども未来館 ココニコ(豊橋市)

正面入口
昨年七月に豊橋にできた子供向け屋内施設。
いろいろあるよ~とは聞いていましたが、想像以上に充実していて面白かったです。
館内は主に三つの『プラザ』に分けられています。

・子育てプラザ
<対象:0~3歳の幼児とその親>
入口で靴を脱ぎ入るので、中は裸足で走り回れます。
小さな子向けの遊具がたくさんあり、種類も豊富。

           子育てプラザ1      子育てプラザ2

0~3歳向けですが、よちよち歩きの子向けの遊び場は仕切られた一角にあります。


大きめの遊具。
子どもプラザ遊具
木製おもちゃや絵本のコーナーなどもあります。

・体験・発見プラザ(まち空間)

こちらは、有料区域となっています。
料金は、小・中・高校生 100円。 大人200円です。
入口を入ると、とよはし100年歴史通りがあり、100年前の豊橋の町並みのパネルや路面電車が展示されています。
  パネル        レトロな路面電車

で、面白いのが、このレトロ電車。運転席が『電車でGO!』みたいになっていて、マスコンとかブレーキを操作できるんです。
動き出すと、前の窓にCGの風景が写しだされ、移り変わっていくんですよ。
大人も楽しめますが、子ども向けの場所なのでやりすぎ注意。
  運転シュミレーション1  運転シュミレーション2

制服もあるから、着てやれば気分は運転士♪制服もあるよ。


奥に進むとドリームタウンという体験コーナーがあります。
5つのブースから成っていて、
たとえば・・
<ファクトリー>という職人さんをイメージしたブース。ファクトリー


     

           サロン    saronn2
 
<サロン>という表現をテーマにしたブース。
いろんな衣装で変身できます。

他に健康関係の<クリニック>、芸術関係の<アトリエ>、調査・研究関係の<ラボ>などがあります。

また、中央の「ドリームタウンステーション」では、50種類以上の「体験セット」を貸し出してくれていて、いろんな遊びが体験できます。

    ドリームタウンステーション   体験セット

ここのコーナーは時間をかけようと思えば、いくらでも遊べます。

さらに奥に、今度は体を使って遊べる「キッズパーク」

ここは、ざっくりと写真だけでご紹介します。
      ふわふわ遊具   サイバーホイール


じゃんぐるたわー       屋外木製遊具

遊具によって、それぞれ対象年齢が違うので確認してから遊んでね。

これだけ遊べて100円っていいですよね。

最後に
・集いプラザ

これは、広いロービー部分や芝生広場のことで、イベントなどをする際に使える場所ということです。芝生広場


他にもキッチン工房やものづくり工房もあって、いろいろな体験ができます。

わざわざ豊橋まで・・と思ったけど、「こども未来館」では、けっこう楽しく遊べたし、帰りに路面電車見たり、ボランティアの方に教えてもらった豊橋で人気の田楽のお店に寄ったりと、プチ旅行気分で帰ってきました。

気軽には行けないけど、たまにはいいかなって思います。

豊橋市松葉町3丁目1番地
TEL 0532-21-5525

休館日  水曜日(ただし、祝・休日の場合は翌日)、12/29~1/1

時間    子育てプラザ     AM9:30~PM5:00
       体験・発見プラザ   AM9:30~PM5:00(7~8月はPM6:00まで)
       集いプラザ      AM9:30~PM9:00 

駐車場 67台(周辺にコインパーキングあり)
     子育てプラザ利用で2時間無料。
     体験・発見プラザ利用で1時間無料。(最高で2時間まで)
     (150円/30分)
     




レディヤンかすがい(春日井市)

春日井に住む知人と、ここに遊び場があると聞いて行ってみました。

建物は、新館と旧館があるのですが・・・

まず、小学生を対象とする遊び場(旧館1階)

                 小学生の遊び場

遊具やおもちゃなどはありません。1人じゃ辛いかも。
仲間さえいれば、子どもはうまく遊ぶから大丈夫かな。

    
幼児を対象とする遊び場(旧館2階)

               幼児向け遊戯室

レゴや積み木が少しありました。
広いから、雨の日など近くに住む人は便利ですね。


休館日  毎週月曜日。月曜日が祝日の場合、翌日が休み
       年末年始(12/29~1/3)
開放時間  AM9:00~PM5:00

住所   春日井市鳥居松町2-247
TEL 0568-85-4188
駐車場無料

到着したら、1階事務所、もしくは遊戯室に置いてある利用申し込み書を書いて、事務室に提出必要があります。


注意!!
10月1日(木)から11月30日(月)まで、空調熱源機器取替工事のため旧館(5階建て)は、利用できないそうです。


アンディヤマナカ新安城店 遊キッズ愛ランド(安城市)

ショッピングセンターによくある幼児の遊び場。

2階にある無料の遊び場。
スガキヤ前にあります。遊び場

有料の遊び場の方はこちら。親はカウンターに座って見てられます。
      遊キッズ愛ランド1    遊キッズ愛ランド2

20分300円。60分500円。
(確か)1歳から8歳まで。

安城市住吉町3丁目5-28
アンデイヤマナカ新安城店2階 ヤッターらんど内
0566-98-5001
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。