スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知県芸術劇場 コンサートホール(東区)

映画がわりと好きで、機会があればよく見ます。 だから、久石 譲の音楽を聴く機会も多く、一度コンサートに行ってみたかった・・。 今回その夢が叶い、コンサートに行ってきました。 娘と2人、ちょっとおしゃれして、さあ、出発! 場所は、愛知県芸術劇場。
愛知県芸術文化センターよく分かっていませんでしたが、こちらの建物が「愛知芸術文化センター。」 この中に「愛知県美術館」「愛知県芸術劇場」「愛知県文化情報センター」が入っています。 エントランスの吹き抜け部分。 開放的できれいでワクワクしてきます。
吹き抜け
入場 中は明るい雰囲気で、きれい。 まもなくコンサートが始まります。 1800ある座席は満員。
天井
ホール
舞台舞台は低くて、一列目はとっても近い・・。 (コンサート終了後、お花を渡しに行った人たちは しゃがんだ久石さんと同じ目線で会話してました。) 一曲目から中盤まで久石さんは、笑顔で登場し黙々と指揮を振りました。 曲目は、新しく出るCDから続けて何曲か。 休憩のあと久石さんの挨拶。 楽曲から映画音楽へ。 「おくりびと」は圧巻。チェロの音が響き渡ります。 映画でも良かったのですが、やはり生オーケストラは全然違います。 観客のほとんどは身じろぎもせず聞き入っておりました。 知り合いの音楽好きな人に、「ここのコンサートホールは音がいいから、聴くだけじゃなくて、感じてきてね。」といわれました。 何をクサイこと言ってるかと思いましたが、目をつぶれば、いやほんと、音楽が渦になって自分の周りを回っているみたい。感動!! 曲の終わりと共に、大きな大きな拍手。 次に「魔女の宅急便」他一曲。 客層はまさに子どもからお年寄りまで。カップルはもちろん、盲導犬を連れた方も・・。 これだけ幅広い人々に愛されるってすごいことですね。 プログラムの最後の曲が終わっても、誰一人立とうとしませんでした。 拍手が鳴り止みません。あらゆる年代の人が次々と立ち上がります。 アンコール曲はみんな知ってる曲で、ワア~っという歓声が起きます。 曲が終わってもやはり誰も帰ろうとしません。 満面の笑顔の久石さんは、一瞬困ったなという表情の後でピアノ曲を一曲弾いてくれました。 ここでみんな、とりあえず満足したのか少しずつ帰っていきました。 久しぶりだったからなのか、本当に良かった・・。 病みつきになりそうです。 どうか来年も来てください・・・。 きっと・・いや、必ず行きますから! 〒461-8525 名古屋市東区東桜1丁目13番2号 TEL(052)971-5511

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。