スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋港 ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット(港区)

ワイルドフラワーの里
春になると一回は、ここのワイルドフラワーの丘からテレビ中継があって(ズームインとかで見るような気がしませんか?)、一度来てみたかったんだけど、知り合いが、「あそこ、そんなに広くないよ。」なんていうもんだから先延ばしにしていました。

今回、近くまで来る用事があったので、立ち寄ってみることにしました。

私は、イングリッシュガーデン風な花や庭が好きなので、入口からして好みにぴったり。
            入口  期待がもてそう

中は、22のテーマで考えられた小さな庭を組み合わせて造られています。

受付ともいえるセンターハウスを抜けると、最初に目に入るのが、このちょっと低めになったお庭、
「サンクンガーデン」
                          サンクンガーデン
そのまま、進むと目の前に広がるのが、小さな川を中心に、水辺の花や牧草地風な場所などをくみあわせて造られた開放感のある、自然な風景。
この辺りはもう、お庭という感覚を超えてます。

    庭園中心部の風景1           庭園中心部の風景2


中心部だけじゃなく、その周辺にも様々な雰囲気のお庭が造られています。

ウォールドガーデンという壁面を利用した花壇。
  
         ウォールドガーデン

これは、何がテーマかよく分からないけど、題はクール・ブリタニア
クール・ブリタニア

橋付近・・。橋付近
 

などという風に、いろいろありました。

確かによく知られた「ワイルドフラワーの里」は、思っていたほど広くないけど、その他の部分もきれいだったので大満足です。

写真アップした場所以外にも見所はたくさんあるので、この秋、ちょっとフラっと立ち寄ってみるといいかもしれません。(9/19~11/23まで、オータムガーデンフェスティバル開催中)

春はまた、咲く花の色合いも明るいので、全く違う庭になっているのかもしれませんね。興味でてきた~

そうそう、海沿いなので、海もきれいでしたよ。
サニーハウスから臨む名古屋港水族館方面



今回行ってみて、そんなに遠くないし、水上バスに乗らなくても普通に現地まで行けるってことが分かった(勝手に水上バスに乗らなきゃ行けないと思い込んでいた)から、次はもっと気楽に行けそうです。

挑戦してみよっと。


名古屋市港区潮見町42番地
TEL 052-613-1187

開園時間
3/1~11/30・・9:30~17:00
12/1~12/25・・9:30~16:00

休園日
毎週 月曜日
海の日(7月の第3月曜日)
12/24・冬季(12/26~2/末)

入園料
大人  300円
65歳以上 200円
小中学生 150円
6歳未満 無料 

園内では飲食禁止となっているので、お弁当とかは食べられません。
レストランが一つありましたから、食べるなら、そちらを利用してくださいってことかな。


ところで・・・
けっこう、大人なコスプレイヤーたちが、あちこちで写真を撮っていて、ちょっと驚きました。
メイド服とか、ガンダム風服とか着てて・・。こういう所、興味あるんだ~、とかちょっとミスマッチな気が・・とか。
最初のワイルドフラワーのさとの写真にも、よく見るとメイド服の女の子達が写っているんですよ。

見ていいのか、見てはいけないものなのか・・悩んじゃいました。
これって気を使いすぎなのかなあ・・。

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。