スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中馬のお雛様(豊田市足助町)

4月3日は旧暦のおひなさま。
パソコンが壊れていて書けないまま、3月7日で終わってしまった「中馬のおひなさん」の様子です。


お雛様の季節になると春が近くなってきているようで、ワクワクしてきます。
2月だというのに暖かい日、チャンスだとばかりに前から行きたかった「中馬のおひなさん」に行ってきました。


香嵐渓は大好きでよく行きますが、足助の町の方へ行くのは初めてです。
地図


現在の国道153号線豊田市市街から長野まではその昔、中馬街道(飯田街道)と呼ばれ、三河湾でつくられた塩を信州方面へ運ぶための「塩の道」でした。
塩を運ぶ人たちのことを「中馬」と呼んだことから中馬街道と呼ばれるようになったということです。
街道の中継点だった足助は、三河湾からの塩、信州からの米やたばこが集まる交易の町として栄えたそうです。

町並みは、宿場町だった名残の古い旅館の建物があったり、木造の建物がたくさん残っていたりと古い町並みを楽しむことができます。
玉田屋旅館    加東家



その家々に飾られているのが、そのお家のお雛様です。
  
  お雛様   お雛様2
   
昔、交易の町として栄えたといいますが、なるほど、飾られているお雛様も立派なものばかり。
噂には聞いておりましたが、想像していた以上の規模でした。
お雛さまを展示している家の数、131
それも、江戸時代のものから現代のものまで歴史を感じさせるものがたくさんあります。
中には、1件のお宅で江戸時代から現代のお雛様まで何種類も展示されているお宅もあって、びっくりでした。


私が現在住むあたりは、比較的新しいので路地というものはとても少ないのですが、古い町に育ったせいか何故か妙に路地に惹かれます。
足助で見つけた路地の一部をどうぞ。
               マンリン小径

          路地2   路地1

趣ある古い町並みを歴史あるお雛さまが華やかに彩り、とても素敵なイベントになっています。
この期間だけ個人で出されている小物や食べ物などのお店もあって、町全体がお祭りムードで見ていて楽しいです。

この日は運良く20度を超える暖かい日で良かったのですが、例年通りだとこの辺り、まだまだ寒いそうです。
次は暖かくして来なきゃね。

ところで・・
この辺りって、ちょっとした所に飾ってあるお花がとてもいいんです。
素敵なのをみつけました。

   竹を使って    竹の中には・・。
    

問い合わせ

足助観光協会
豊田市足助町宮平26-1
TEL 0565-62-1272




コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

管理人

Author:管理人
名古屋+名古屋近郊育ち
3歳の男の子と12歳の女の子の母です。
2009.9.10に他社よりこちらのブログに引越ししてきました。
そのため、9月10日以前の記事は読みにくくなっております。
元の記事に興味のある方は、こちらからご確認ください。
http://blogs.dion.ne.jp/
odekakedaisuki/

カテゴリー
最近の記事
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSフィード
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。